【棋士紹介】振り飛車御三家 久保利明王将、鈴木大介九段、藤井猛九段

スポンサーリンク



 


 

 

 

【棋士紹介】振り飛車御三家 久保利明王将、鈴木大介九段

 

 

若手の台頭で、「振り飛車御三家」の言葉を聞くことが少なくなってきましたが、

数年前は藤井猛、久保利明、鈴木大介の3棋士が振り飛車党の棋士として有名でした。

藤井猛九段についてはすでに取り上げているので、久保利明王将、鈴木大介九段について少し書いてみます。

 

 

<藤井猛九段関連記事>

【棋士紹介】序盤の発明家 藤井 猛九段

 

 

久保利明王将

 

※引用 日本将棋連盟HPより

 

御三家の中で一番結果を残している(タイトル獲得など)棋士が久保利明王将。

 

将棋の七大タイトル(タイトル保持者がいない叡王戦を除く)のタイトル保持者はほとんどが居飛車党なのですが、

久保王将が唯一の振り飛車党です。

 

<七大タイトル保持者>

竜王戦 渡辺明(居飛車党)

名人戦 佐藤天彦(居飛車党)

王位戦 羽生善治(オールラウンダー 主に居飛車党)

王座戦 羽生善治(オールラウンダー 主に居飛車党)

棋王戦 渡辺明(居飛車党)

王将戦 久保利明(振り飛車党)

棋聖戦 羽生善治(オールラウンダー 主に居飛車党)

 

 

タイトル戦でも結果を残し、順位戦もA級在籍です。

 

棋風は「捌きのアーティス」「カルサバ流」と呼ばれるように、大駒を軽くさばいて相手に勝利する

 

まさに振り飛車のお手本の棋士です。

 

終盤も粘り強く、たとえ窮地に陥っていてもなかなか土俵を割りません。

 

四間飛車、三間飛車、中飛車など様々な振り飛車を指しこなしますが、

 

特に石田流の駒組みは久保の石田流と呼ばれるまでに定跡化されており、

 

対棒金対策などの進行もあります。

 

振り飛車と言えば久保王将と言っても過言ではないでしょう。

 

スポンサーリンク

鈴木大介九段

 

 

 

 

※引用 日本将棋連盟HPより

 

鈴木大介九段と言えば、新・石田流の生みの親、またゴキゲン中飛車を派生させた豪快中飛車と呼ばれる戦法も採用します。

新・石田流は優れた新戦法に授与される升田幸三賞を受賞しています。

棋風はもちろん振り飛車ですが、上記戦法はもちろんのこと相振り飛車も指しこなし豪快な棋風で知られています。

ちなみに将棋漫画のハチワンダイバーで、主人公の師匠役で登場します。

作中でも新・石田流の紹介がなされています。メディア出演が多い傾向にあり、将棋ウォーズ公式動画などにも度々登場されています。

 

<関連記事>

【おすすめ将棋漫画】ハチワンダイバーが面白いのは本当か?

 

 

 

まとめ

 

振り飛車御三家の紹介でした。

若手の台頭により最近の戦績は思わしくない棋士もいますが、

振り飛車の定跡の整備・発展に多大な貢献をされた御三方です。

個人的には藤井先生推しです。

振り飛車党の方は、この3人の棋譜を見るだけで勉強になると思いますよ( *´艸`)

 


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA