【棋士紹介】振り飛車若手強豪棋士 菅井七段・戸辺七段の紹介

スポンサーリンク



 


 

 

【棋士紹介】振り飛車若手強豪棋士 菅井七段・戸辺七段の紹介

 

 

先日の記事でも紹介しましたが菅井七段が王位を獲得されました!

若手の強豪振り飛車棋士といえば菅井七段、戸辺七段(主観)ということで、

少しだけ両先生について紹介します。

 

菅井竜也七段プロフィール

 

 

 

Tatsuya Sugai 王位

棋士番号 278
生年月日 1992年4月17日(25歳)
出身地 岡山県岡山市
師匠 井上慶太九段
竜王戦 4組
順位戦 B級1組

 

引用:日本将棋連盟HPより https://www.shogi.or.jp/player/pro/278.html

 

先日の記事でも紹介しましたが、王位戦で羽生三冠に勝ち越し、見事新王位を獲得されました。

菅井七段といえば振り飛車党で有名ですが、一番の特徴は序盤の構想力。(もちろん中終盤も強い)

(居飛車も指されます( *´艸`))

上記の本のタイトルにもなっているように、序盤の駒組、戦法に工夫を凝らして的を絞らせない将棋を指されます。

序盤の研究を上記のような著書でもたびたび発表されています。

振り飛車党のなかではノリにノッテいる棋士の一人ではないでしょうか。

 

2017年度(8月30日現在) 対局数記録

菅井竜也 対局数24 勝数18 負数6 勝率0.750

 

出典:日本将棋連盟HP https://www.shogi.or.jp/game/record/year_result.html

 

なんせ勝率7割でちょー絶好調です。

もともと勝率は高いのですが、振り飛車党のなかでも勝ちに勝っています。

(振り飛車の強豪棋士 久保王将で今期約6割(5.7))

 

スポンサーリンク

 

戸辺誠七段プロフィール

 

出典:amazon 攻めて強くなる戸部流中飛車商品P

 

右上のお方・・・

 

 

Makoto Tobe 七段

棋士番号 262
生年月日 1986年8月5日(31歳)
出身地 神奈川県横浜市
師匠 加瀬純一七段
竜王戦 4組
順位戦 B級2組

 

引用:日本将棋連盟HPより https://www.shogi.or.jp/player/pro/262.html

 

次に振り飛車党といえばこのお方。戸辺七段です。

今期は勝率が約4~5割と苦戦しておられますが・・・

2017年度(8月30日現在) 対局数記録

戸辺誠 対局数13 勝数6 負数7 勝率0.4615

 

出典:日本将棋連盟HP https://www.shogi.or.jp/game/record/year_result.html

 

 

個人的には若手強豪棋士の振り飛車党として菅井七段と一緒に思い浮かぶのが戸辺先生です。

上記の数字を見ると調子が悪そうに見えますが、将棋大賞の新人賞を受賞され、2009年には勝率7割の2位を記録しています。

戸辺七段といえば、「戸辺攻め」と異名がつくぐらいの強い攻め。

振り飛車の低い陣形から攻めて攻めて攻めまくります。

様々な振り飛車の棋書を出されていることからも、序盤にも定評がありますが、中終盤も自陣に余裕があれば攻めの手を緩めることはありません。

特に相振り飛車戦になったときはすんげーです( *´艸`)

あと解説も分かりやすく、聞きやすい棋士の一人です。

何気にメガネが好き( *´艸`)

 

まとめ

 

今回は振り飛車党の若手強豪棋士として菅井七段と戸部七段を少しご紹介しました。

個人的には久保王将、藤井九段、鈴木九段が元祖振り飛車御三家というのは変わらないのですが(個人的な主観)、

若手でノリにノッテいるのは菅井七段、戸部七段だと思うんですよね・・・( *´艸`)

 

<元祖?振り飛車御三家の紹介記事はこちら↓>

【棋士紹介】振り飛車御三家 久保利明王将、鈴木大介九段、藤井猛九段

 


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA