【棋士紹介】千駄ヶ谷の受け師こと木村一基九段

スポンサーリンク



 

【棋士紹介】千駄ヶ谷の受け師こと木村一基九段

 

※写真 木村一基著 初心者でもわかる受けの基本 より

 

プロフィール&棋風

 

棋士番号 222
生年月日 1973年6月23日(44歳)
出身地 千葉県四街道市
師匠 (故)佐瀬勇次名誉九段
竜王戦 2組(1組:8期)
順位戦 B級1組(A級:4期)

 

※引用:日本将棋連盟HPより

 

6月26日付で九段に昇段された木村一基九段のご紹介。

 

木村九段といえば「受け」の棋風で高い勝率を誇る棋士です。

 

タイトル挑戦も何度もあるのですが、なかなか獲得には至っていないのですが・・・

タイトル獲得無しの挑戦6回

竜王タイトル挑戦 1回

王位タイトル挑戦 3回

棋聖タイトル挑戦 1回

王座タイトル挑戦 1回 計6回

 

それだけ強い棋士のお一人。

 

将棋漫画の「ハチワンダイバー」で「アキバの受け師」とよばれるキャラクターが登場しますが、

木村九段は「千駄ヶ谷の受け師」なんて呼ばれることも・・・

(千駄ヶ谷は東京の将棋会館がある場所・住所)

【おすすめ将棋漫画】ハチワンダイバーが面白いのは本当か?

 

「受け潰し」といわれるぐらい受けて受けて受けて・・・相手を受け潰して勝利します。

(相手の手が無くなり、徐々に有利になっていく)

玉を受けにも参加させ、「顔面受け」と驚かれることも・・・

 

おいでおいで(”Д”)

 

ただその棋風が悪い方向に転ぶときもあり、終盤攻めれば勝てる局面で

受けに回って負けてしまうことも・・・

将棋の基本は「受け」という意味では勉強になる棋士です。

 

受けにを切り口に著書も出されています。

 

 

対局動画 https://youtu.be/TPCuym9n7FU

 

 

名解説者

 

 

 

そして木村九段といえば、解説が分かりやすい!!

個人的名解説者

1位 木村 一基 九段

2位 渡辺 明 二冠

3位 藤井 猛 九段

※ちょー個人的に。

※番外編で豊川七段の解説(ダジャレ)もおもろーー。

皆さん解説が分かりやすいのはもちろんのこと、

聞いていて飽きない面白さもあります。

特に木村九段の解説は分かりやすく&おもろーです。

 

 

解説動画 https://youtu.be/kOMiwoPXNYE

 

特に木村九段の解説は、声も聞き取りやすく(これ大切)、丁寧で分かりやすい。

渡辺二冠の解説の「分かりやすさ」と、藤井九段の解説の「おちゃめさ」、双方の良いところを

とったハイブリッド名解説者が木村九段です!

 

随所にくすっと笑える冗談を放り込むんですよ!

本当に良いタイミングで冗談を放り込まれるんですよね( ^ω^)・・・

名解説者です♪

 

まとめ

 

強靭な受けと粘り強い棋風が持ち味の木村九段。

解説も分かりやすく人気棋士です。(特にネットを中心に)

好きな棋士の一人です!( ^ω^)・・・

 

 

 

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA