【棋士紹介】鋼鉄の受け 森内九段(フリークラス転出)

スポンサーリンク



 


 

 

 

 

【棋士紹介】鋼鉄の受け 森内九段

 

 

先般フリークラス転出を宣言された森内九段の紹介です。
森内九段と言えば強靭な受け将棋で有名です( ^ω^)・・・

プロフィール

Toshiyuki Moriuchi九段(十八世名人※襲位は原則引退後)

棋士番号 183
生年月日 1970年10月10日(46歳)
出身地 神奈川県横浜市
師匠 勝浦 修九段
竜王戦 2組(1組以上:18期)
順位戦 フリークラス(宣言)

 

※出典 日本将棋連盟HP https://www.shogi.or.jp/player/pro/183.html より

 

詰将棋作家でも有名な勝浦 修九段門下。

同門は広瀬八段、野月八段などが有名です。

 

 

タイトル履歴

獲得合計:12期

竜王 2期(第16期-2003年度・26期)
名人 8期(第60期-2002年・62~65期・69~71期)
-十八世名人(襲位は原則引退後)
棋王 1期(第31期-2005年度)
王将 1期(第53期-2003年度)

登場回数合計:25回

竜王:5回(第16期-2003年度~17期・22期・26期・27期)

名人:12回(第54期-1996年・60~66期・69~72期)

王座:1回(第52期-2004年度)

棋王:3回(第25期-1999年度・31~32期)

王将:2回(第53期-2003年度~54期)

棋聖:2回(第75期-2004年度・85期)

 

※出典 日本将棋連盟HP https://www.shogi.or.jp/player/pro/183.html より

 

タイトル登場回数25回、獲得回数12期と強豪棋士ですが、

森内九段といえば「名人」

2007年名人戦を防衛し(郷田九段)、永世名人の資格を得ています。

名人戦における羽生善治三冠との死闘は記憶に新しいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

棋風は?

 

森内九段と言えば強靭な受けが有名です。

その棋風は「鋼鉄の受け」「鉄板流」などと呼ばれますが、

実は終盤に相手がスキを見せれば一気に攻め立て詰ましてしまいます。

守りから攻めに転じるタイミングが抜群です( ^ω^)・・・

木村九段も受け将棋ですが、受けに受けて受け潰すイメージです。(攻める将棋もあり)

森内八段は受けながらも、タイミングを見て攻めに転じます。

 

 

A級陥落、フリークラス宣言そして

 

将棋の永世名人(18世名人)資格保持者である森内俊之九段(46)が31日、名人を目指す順位戦への参加資格がないフリークラスへの転出を宣言した。通算8期を獲得してきた名人への復位を断念したことになる。今期の順位戦で最高峰のA級からB級1組に陥落したことで決断し、24日に将棋連盟に届け出た。順位戦以外の棋戦には今後も参加する。

引用:スポーツ報知 将棋の森内九段がフリークラス転出

http://www.hochi.co.jp/topics/20170401-OHT1T50032.html

 

ニュースにもなりましたが、2017年4月にA級からB級1組に陥落しフリークラス入りを宣言されました。

戦績は芳しくないもののトップ棋士のお一人のイメージでしたの驚きました・・・

 

そして日本将棋連盟専務理事になられています。

最近日本将棋連盟の記者会見、イベントでお見受けしますね( ^ω^)・・・

 

今後は、その経験を生かして、対局者とは別の立場で順位戦・名人戦を盛り上げていければと思っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます

引用:スポーツ報知 将棋の森内九段がフリークラス転出

http://www.hochi.co.jp/topics/20170401-OHT1T50032.html

益々将棋会を盛り上げていただけれと思います( ^ω^)・・・

 

 

 


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA