第68回NHK杯1回戦 第4局 三浦弘行 九段 対 大橋貴洸 四段

スポンサーリンク



 


 

第68回NHK杯1回戦 第4局 三浦弘行 九段 対 大橋貴洸 四段

 

NHK杯です。

 

解説は山崎隆之NHK杯です。イキイキされてますね( *´艸`)

 

 

棋譜はNHK杯公式HPよりご覧ください。

 

 

解説者の両棋士印象は

 

 

先手三浦九段「三浦九段は主導を握るのが得意で早指しも苦にしない。自分のペースで指して切り合いも得意。攻め将棋の印象がある。」

 

 

後手大橋四段「早見え早指し。三浦九段と棋風がかぶる。切り合いが得意で終盤鋭い」

 

 

 

インタビューは三浦九段の落ち着いた受け答えに対し、大橋四段は相手を立てながらも「勝ちに行きます」とギラギラの若手感が出て良い感じです( *´艸`)

 

大橋四段は現在勝率ランキング1位と絶好調の若手棋士。

 

横歩取り、居飛車戦法が得意。

 

三浦九段も居飛車党ということで、今局も相居飛車になるかと思われましたが、後手大橋四段が四間飛車を選択。

 

対する先手三浦九段は居飛車穴熊の持久戦模様に。

 

ここで後手の藤井システム気味の陣形からの端攻めが決まり、先手受けが厳しい・・・

 

序中盤は三浦九段が穴熊にきっちりと囲い、先手有利かと思われましたが、この端攻めがなかなか止まりません。

 

香車、桂馬、角のお手本のような攻めで先手穴熊が崩壊します。

 

 

ここで先手の飛車取りにあたる90手目後手8一香車。

 

 

三浦九段、これを無視して攻め合いに。

 

 

数手進んで先手陣には必至がかかり、後手飛車打ちから寄せますが・・・

 

 

詰まず・・・

 

134手 後手大橋四段の勝ち。

 

大橋四段強い!

 

序中盤は三浦九段がうまく指しているように見えましたが、大橋四段が端攻めから一気にペースをつかみ、押し切りました。

 

次回はハッシーこと橋本八段の登場です!楽しみ( *´艸`)

 


【スポンサーリンク】スマホゲームアプリ紹介

 

信長の野望201X

ios/App ダウンロードはコチラ

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

三国覇王戦記~乱世の系譜~

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

 

<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA