NHK杯 3回戦 第4局 中村修 九段 対 三浦弘行 九段

スポンサーリンク



 


 

NHK杯 3回戦 第4局 中村修 九段 対 三浦弘行 九段

 

NHK杯です。

 

解説は塚田泰明九段。

 

解説の戦型予想

中村九段は居飛車党で受けが強い。

三浦九段は居飛車党で攻守ともにバランスが取れた棋風。

三浦九段が矢倉か角換わりを選択するか。中村九段がもしかしたら飛車を振るかもしれない。

 

<三浦九段 関連記事>

 

三浦弘行九段の得意戦法は?プロフィールと棋風をざっくり

 

 

スポンサーリンク

 

対局開始

 

先手 中村九段

後手 三浦九段 で対局開始。

 

 

解説の戦型予想通りに相居飛車に。

 

序盤は先手中村九段ツノ銀、後手三浦九段 矢倉で進行。

 

解説「ツノ銀は最近流行っている形。」

 

 

 

 

先手中村九段、右四間飛車に組みますが、後手三浦九段、角を活用し中村九段に攻めさせません。

 

 

 

お互い主導権の握り合い。

後手、穴熊に組み直します。先手矢倉も銀が加わり固い・・・

 

 

 

 

先手陣の穴熊が完成する一瞬のスキをついて、後手三浦九段が仕掛けます。

 

9筋からの端攻め。

 

 

 

 

 

 

後手飛車先をついて飛車⇔角交換。

 

 

 

 

あっという間に先手陣が薄くなります。

 

9八歩→9九角がうまく決まりました。

(9八歩を取れば7六角で王手飛車取り)

 

無理攻めっぽかったですが、機敏に動いて主導権を取ったか?という感じ( *´艸`)

 

 

 

後手三浦九段攻めますが、細い攻めをつなげる展開で忙しい。

先手中村九段が丁寧に受けますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後手、攻めの手を緩めず先手受けが効かない状態に。

8、7の位を取っている歩が厳しいです。

 

結局、三浦九段が押し切って、8四香車を見て先手中村九段投了。

<投了図>

 

 

 

 

 

 

150手で三浦九段の勝ち。

 

解説「三浦九段と玉の形を作った後の攻めの構想が素晴らしかった。」

 

 

解説の通り、後手三浦九段が序盤からペースを握って、そのまま押し切った一局でした(”Д”)

 


【管理人おすすめ】スマホゲームアプリ

 

LINEバブル2

 


ios/App ダウンロードはコチラ

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

三国覇王戦記~乱世の系譜~

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

 

プロサッカークラブをつくろう!  ロード・トゥ・ワールド

  

ios/App ダウンロードはコチラ

 

Android/App ダウンロードはコチラ

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA