NHK杯1回戦 第7局及川拓馬 六段 対 加藤桃子 女王

スポンサーリンク



 


NHK杯1回戦 第7局及川拓馬 六段 対 加藤桃子 女王

 

 

NHK杯です。

 

及川六段対加藤女王の対局。

 

加藤女王はNHK杯女流棋士決定戦に勝利し本選出場を決めました。(下記記事参照)

 

 

第68回NHK杯出場女流棋士決定戦 伊藤沙恵女流二段 対上田初美女流三段  伊藤沙恵女流二段対加藤桃子女王

 

解説は永瀬拓矢七段

 

解説「及川六段はどんな戦形でも指す、加藤女王は同門で居飛車党の本格派。序盤から作戦を立ててくる。及川六段が終盤派、加藤女王が終盤型ということで持ち味が違うところが見どころ」

 

 

棋譜はNHK杯公式HPをご覧ください。

 

 

 

 

序盤から加藤女王の予想通り相居飛車の将棋に。

 

 

後手加藤女王は△3三角、3二金、4二銀、4四歩と角道を止め、先手及川六段は▲7七角、7八金、6八銀(角道は止めず)。

 

解説「最近の流行形。昔からある指し方だが、Aiの登場により見直されてきた。」

 

 

先手は3七銀から棒銀、7七角を活かした攻めを主張。(結果銀交換)

 

 

36手目後手の5五歩を先手同角と取りますが、そこから後手飛車先交換から2筋に展開する手で一気に後手ベースに。

 

 

先手も飛車取りから後手陣を攻めますが、後手玉が広くまだまだ詰まなそう。

 

後手は5六桂馬と竜の攻めで先手陣にプレッシャーをかけていきます。

 

そして先手が詰めろの状態に・・・

 

ここで先手一手受けますが、後手冷静に即詰みに。

 

厳密にはトン死?

 

ワイプの顔色を見るとトン死っぽかったですが・・・

 

及川六段、あっ( ;∀;) という顔をされていました。

 

まさかの・・・

 

まさかの・・・

 

116手目で加藤女王の勝ち( *´艸`)

 

 

林葉直子さんの再来となるでしょうか!?

 


【管理人おすすめ】スマホゲームアプリ

 

LINEバブル2

 


ios/App ダウンロードはコチラ

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

三国覇王戦記~乱世の系譜~

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

 

プロサッカークラブをつくろう!  ロード・トゥ・ワールド

  

ios/App ダウンロードはコチラ

 

Android/App ダウンロードはコチラ

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA