NHK杯1回戦 第8局 斎藤慎太郎 七段 対 杉本和陽 四段 

スポンサーリンク



 


NHK杯1回戦 第8局 斎藤慎太郎 七段 対 杉本和陽 四段

 

 

NHK杯です。

 

斎藤七段対杉本四段の対局。

 

解説は中川大輔八段です。

 

棋士印象&インタビュー

 

斎藤七段は関西の若手棋士。奇麗なお手本のような将棋で中終盤が強い。

 

杉本四段は序盤からリードを奪うタイプ。中終盤のねじり合いを制したい。

 

戦形予想

 

解説「杉本四段は飛車を三間に振ってくる。斎藤七段は居飛車。最新の対抗形が見られるのではないか。」

 

 

今局が奨励会時代来の対局の様です。

 

先手 杉本四段、後手斎藤七段で対局開始。

 

戦形予想通り、先手杉本四段がノーマル三間飛車、美濃囲い、後手斎藤四段が居飛車、穴熊に。

 

序盤からサクサク進みます。

 

先手が6五の銀と飛車で3筋を突破できるかという展開。桂損しましたが飛車交換に成功し、振り飛車のお手本のような捌きを見せます。

 

 

手番もそのままに33角と穴熊の33銀と交換。勢いが止まりません。

 

 

先手の美濃囲いは手付かず、このまま後手斎藤七段に何もさせずに寄せきるか?と思われましたが・・・

 

 

後手、冷静に受けて穴熊を再生していき中々土俵を割りません。先手端攻めも絡めて攻めますが後手崩れず。

 

 

先手喰らいついて穴熊を攻略しましたが、後手玉が中段に移動し寄せづらい格好に。

 

駒が散乱しすぎてもーわけが分かりません。

 

 

しかしここで後手の手番。

 

 

隙をついて6六角。

 

 

素人目に見ても「あっ詰んだ。」と感じさせる手。

 

 

数手進めば駒がばらされて、からの飛車打ち。やはり奇麗な詰みに。

 

 

218手まで後手斎藤七段の勝ち。

 

 

うおーい!

 

魅せるぜ!斎藤七段!

 

 

相手の攻めを我慢して我慢して受けて、攻めが切れた瞬間に一気に仕留めるという。

 

相手のパンチを避けて避けて、ガードして最後カウンターで仕留めるという。

 

格好良すぎるぜオイ!!

 

 

杉本四段も若手らしくガンガン攻めて良かった!

 

 

両者の持ち味が出た面白い対局でした( *´艸`)

 

こういう将棋(ボクシング)好き。

 

 


【スポンサーリンク】スマホゲームアプリ紹介

 

信長の野望201X

ios/App ダウンロードはコチラ

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

三国覇王戦記~乱世の系譜~

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

 

<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA