第68回NHK杯1回戦 第1局三枚堂達也 六段 対 黒沢怜生 五段

スポンサーリンク



 


第68回NHK杯1回戦 第1局三枚堂達也 六段 対 黒沢怜生 五段

 

 

NHK杯です。

 

第68回NHK杯の初戦。

 

注目の若手棋士同士の対局です。

 

解説は戸辺誠七段。

 

 

 

黒沢五段「三枚堂六段は積極的で終盤の切れ味が持ち味。負けないよう工夫をして指したい」

 

三枚堂六段「黒沢五段には小さい頃からお世話になっている。序盤から工夫してこられ、早見えで受けがしっかりしている印象」

 

解説「黒沢五段はNHK杯の記録係として有名。振り飛車党でバランスが良い。受けから入って終盤伸びていくタイプ。三枚堂六段は居飛車党の攻め将棋。黒沢五段が振り飛車党なのでどこに振るか、どちらが先に主導権を握るかが見どころ」

 

黒沢五段、失礼ながら童顔なので20代前半かと思っていたら、26歳なのね・・・

 

先手 黒沢五段、後手 三枚堂六段で対局開始。

 

 

スポンサーリンク

 

 

序盤は先手黒沢五段が中飛車穴熊、後手三枚堂六段が居飛車の左美濃の速攻系。

 

 

互いに駒組みが落ち着いたところで、後手が7三桂馬→6五歩と居飛車のお手本のような手で後手を揺さぶります。

 

これも居飛車の特権ですね( *´艸`)

 

あわせて△1三角も先手陣に睨みを利かせた良い手で、先手1筋、2筋の歩で角を追いやりますが、結局後手の角が5五の地点に。

 

先手の銀が穴熊にも迫り駒組が制限されています。

 

先手はなかなか手番が回らず防戦一方で厳しいです・・・後手の美濃囲いも手付かずの状態・・・先手の穴熊は金、銀2枚のみと崩壊しています。

 

 

後手飛車を8筋から4筋に展開して、飛車⇔角交換から5六香打ち→香成りとプレッシャーをかける手も見事。

 

先手勝負手の▲5六歩と自陣に効いている▲5五角を取る手を指しますが、後手も先手の飛車を取り返し、飛車打ちから後手受け無し。

 

最後は△1九金打ちから即詰みに打ち取り92手まで三枚堂六段の勝ち。

 

 

 

解説「最新の中飛車対急戦系の将棋。1三角の睨みが厳しく徐々に三枚堂六段のペースになった。黒沢に反撃を許さず、終盤鋭く寄せきった」

 

黒沢五段は棋王戦でA級棋士たちを破っている若手の強豪なのですが・・・

 

三枚堂六段の指し回しが光った一局でした( *´艸`)

 

 

 


【管理人おすすめ】スマホゲームアプリ

 

LINEバブル2

 


ios/App ダウンロードはコチラ

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

三国覇王戦記~乱世の系譜~

 

Android/App ダウンロードはコチラ

 

 

プロサッカークラブをつくろう!  ロード・トゥ・ワールド

  

ios/App ダウンロードはコチラ

 

Android/App ダウンロードはコチラ

<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA