第68回NHK杯1回戦第2局佐々木慎 六段対増田康宏 五段

スポンサーリンク



 


第68回NHK杯1回戦第2局佐々木慎 六段対増田康宏 五段

 

NHK杯です。

 

先手 佐々木六段

後手 増田五段の対局。

 

解説は横山泰明六段

 

解説「先手の佐々木六段は振り飛車のスペシャリストで受けがしっかりしている。増田五段は居飛車党で鋭い攻めが持ち味」

 

佐々木六段「増田五段は正統派の居飛車党で隙がない将棋。自分らしい振り飛車を指したい」

 

増田五段「持ち時間が短いので早く指したい。序盤より中終盤に力を出すタイプなので注目してほしい」

 

佐々木六段の緊張が伝わってきますな・・・

 

増田五段は落ち着いた雰囲気。

 

ちなみに増田五段は新人王によるシード権にて本選出場です。

 

 

棋譜はこちらからご覧ください。

 

序盤は解説の戦形予想通り佐々木六段が中飛車、増田五段が居飛車の戦形に。

 

序・中盤は増田六段が飛車先突破から△8九角打ちと駒損はしましたが馬を作ることに成功。

 

後手増田五段有利かと思われましたが、千日手になり指し直しに・・・

 

ということで先手 増田五段、後手 佐々木六段 で再度対局開始。

 

互いにぶれず・・・ 角交換後 先手は居飛車、後手は向かい飛車に。

 

先手は金、銀が離れていて一見バランスが悪そうですが、角の打ち込みを防ぎ、玉も広い。

後手は美濃囲いに。

 

先手2一角捨てから竜を作ることに成功し、9筋からの端攻め。先手がのってますな( *´艸`)

 

かたや後手、馬は作りましたが端攻めをじっくり、じっくりと受ける我慢の時間帯。

 

玉も囲いから引っ張り出されて一見危なそうですが、冷静に受けます。

 

先手端攻めが通らないかと見ると、竜を活用しようとしますが、ここで個人的に今日一のしぶい手、△4一歩と飛車の底歩。

 

先手陣は飛車の打ち込みが厳しいので飛車交換ができません・・・

 

ここから端攻めに効いていた先手の駒も取りながら、馬も活躍し、完全に後手ペースに。

 

徐々に先手持ち駒が無くなり、後手勝勢に。どこで悪くなったのか・・・底歩でしょうか( *´艸`)

 

将棋恐い・・・

 

ということで、先手見込みが無くなり投了。

 

 

100手で後手 佐々木六段の勝ち。

 

解説「先手増田五段は持ち駒が無く攻め手なし。いづれ形勢が悪くなるのは目に見えているので投了やむなし。増田五段の攻め、佐々木六段の守りと持ち味が出た。佐々木六段が端攻めにうまく対応した。」

 

後手の佐々木六段の持ち味が出た一局でした( *´艸`)

 


将棋ウォーズのアイテムを無料で手に入れるには!?

<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA