第67回NHK杯2回戦 第12局佐藤康光 NHK杯 対 飯島栄治 七段

スポンサーリンク



 


第67回NHK杯2回戦 第12局佐藤康光 NHK杯 対 飯島栄治 七段

 

NHK杯です。

解説は村山慈明七段。

 

 

プロフィール

 

佐藤康光NHK杯プロフィール

【棋士紹介】日本将棋連盟会長 佐藤康光九段が1,000勝達成!棋風&プロフィール

 

飯島栄治 七段プロフィール

 

Eiji Iijima七段

棋士番号 236
生年月日 1979年9月16日(38歳)
出身地 東京都江東区
師匠 桜井 昇八段
竜王戦 2組(1組:3期)
順位戦 B級2組

引用:日本将棋連盟HPより https://www.shogi.or.jp/player/pro/236.html

 

二人とも同じ研究会とのこと。

佐藤NHK杯は序盤が独創的で中終盤に切れ味があります。

飯島七段は居飛車の本格派で受け将棋。

先手 佐藤NHK杯

後手 飯島七段で対局開始です。

 

将棋って最後まで分かりませんな。という対局でした。

 

 

スポンサーリンク

 

対局開始

 

佐藤NHK杯 得意のダイレクト向かい飛車に。

後手飯島七段は馬を作ることに成功しました。

解説「佐藤NHK杯はわざと馬を作らせるこの戦型を過去数局指されている。

佐藤NHK杯の主張は手数、飯島七段は馬。」

 

佐藤NHK杯お約束の棒銀で襲いかかりますが、

飯島七段にいなされうまく馬を活用されます。数手進むと佐藤NHK杯受けに回り厳しい。

 

 

飯島七段の波状攻撃。

佐藤NHK杯もため息が多くなり見るからに厳しそうです。

このままじわじわリードを広げられれば負けかという展開。

 

 

 

飯島七段が駒を捌こうかというところ、

駒交換が終わると佐藤名人に手番が回り反撃のチャンスです。

 

 

 

▲7四金。

飛車取りの一手ですが、終わってみるとこの手が流れを変えた?という手。

この手で手番が佐藤NHK杯へ。

 

ここから佐藤NHK杯、▲4三桂馬打ち、▲6一飛車打ちと反撃です。

 

 

攻撃がやみません。また▲6一飛車打ち。

△5二銀と受けますが、結局△4一桂成が残り一手一手です。

 

 

数手進んで必至。

後手が詰まさないと負けの状況ですが・・・

 

 

 

先手玉詰まず、先手の勝ちになりました。

 

<投了図>

 

137手まで先手佐藤NHKの勝ち。

序盤は飯島七段が優位に進めていましたが、△7四金からの佐藤NHK杯の攻め、寄せが鋭かったです( *´艸`)将棋は最後まで分かりませんね!


将棋ウォーズのアイテムを無料で手に入れるには!?

<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA