第67回NHK杯第2回戦 第11局 菅井竜也 王位対橋本崇載 八段

スポンサーリンク



 


第67回NHK杯第2回戦 第11局 菅井竜也 王位対橋本崇載 八段

NHK杯です。

 

先般タイトルを奪取した菅井王位対ハッシーの対局。

解説は菅井王位と同門の船江六段です。

 

両棋士プロフィール&戦型予想

 

菅井王位プロフィール

<関連記事>

【棋士紹介】振り飛車若手強豪棋士 菅井七段・戸辺七段の紹介

 

菅井七段が王位戦タイトル奪取。羽生三冠に勝利!

 

 

橋本八段プロフィール

<関連記事>

【棋士紹介】マジやべぇ~橋本崇載八段

 

菅井王位は振り飛車党で序盤が特徴的。中終盤も強く隙がない棋風です。

ハッシーこと橋本八段は受けが強く重厚で手厚い棋風。こちらも終盤がお強いです。

 

両棋士インタビュー

橋本八段

「菅井八段はタイトルも獲得し、勝ち星を重ねている旬な棋士。思い切りぶつかっていきたい。」

菅井八段

「橋本八段は終盤が強く、重厚な棋風」

 

最近ハッシーのインタビューまじめですね( *´艸`)

船江六段の戦型予想

「互いに中終盤が強いのでそこが見どころになるのではないか」

先手 橋本八段

後手 菅井王位 で対局開始です。

 

スポンサーリンク

対局開始

 

お互いに相居飛車で始まり角換わりの将棋に。

先手橋本八段が▲4五歩から仕掛けますが・・・

 

△7五歩とこちらも歩の突き捨て。

ハッシーが歩を取り込み、ここから菅井王位の攻めが続きます。

 

お約束の△6五桂→飛車先交換です。

▲7三角と打ち、馬を作ることに成功しますが局面落ち着けば、

駒が捌けている菅井王位が良さそうです。

 

菅井王位、飛車を6筋に展開。6四桂馬とお約束の一手です。

ハッシーも2筋、3筋から歩の突き捨て、5五桂打ちなどで手を作りますが致命打にはなりません・・・

 

 

 

 

△4七歩成が厳しい・・・3八銀が金、飛車両取りです。

 

 

 

 

ここで大技の8九角打ち。

角のタダ捨てですが、△6七龍と飛車成りに成功。

素人目に見ても菅井王位優勢です・・・

 

 

 

ハッシーなんとか受けます。

 

 

落ち着いてみると詰みがなく、さすがハッシーです。

反撃のチャンスとばかりにたたきの歩から馬、角で敵陣を攻めていきます。

個人的にはお~~ハッシーきたー!! と思ったのですが・・・

 

 

 

 

 

ここで菅井王位の大技2。

というかこの手があったね。という手です。

8八飛車取りからの△2八飛車と王手馬取りです。

いやー辛いですね。ってか強。

 

 

△8八角打ちで追撃、形を決めておいて、ゆっくりと馬取です。

自玉の脅威になる駒を取ったことで、一気に後手が優勢になりました。

最後は端玉には端歩ということで、△9四歩+△8四金の必至をかけて、先手ハッシー投了です。

 

<投了図>

 

 

114手で菅井八段の勝利。

 

菅井八段つえー・・・っす。

 

序盤の機敏な攻め、8九角捨てからの寄せ、局面を決定的にさせる2八の王手飛車。

まさにタイトルホルダーの巧みな技でした。

個人的にはハッシーが好きなので残念でしたが( *´艸`)

 


将棋ウォーズのアイテムを無料で手に入れるには!?

<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA