将棋NHK杯準決勝第1局 豊島将之八段 対 稲葉陽八段

スポンサーリンク




将棋NHK杯準決勝第1局 豊島将之八段 対 稲葉陽八段

 

 

NHK杯です。

 

A級棋士、関西若手四天王(稲葉八段、豊島八段、糸谷八段、村田六段)同士の対局。

 

プライベートでも仲が良く、過去の対戦成績は7勝7敗と五分五分とのこと。

 

解説は斎藤慎太郎七段です。

 

解説「稲葉八段は攻めが鋭い。粘り強い将棋で中終盤逆転勝ちすることも。豊島八段は隙がない将棋で攻守のバランスが取れている。

普段二人は仲が良いと聞いているが、熱気あふれる戦いになるのではないか。」

 

 

<稲葉八段、豊島八段のNHK杯記事はこちら>

 

NHK杯 準々決勝 第3局 渡辺明 棋王 対 稲葉陽 八段

 

 

NHK杯準々決勝 第1局 三浦弘行 九段 対 豊島将之 八段

 

[ad#co-4]

 

 

先手 豊島八段、後手 稲葉八段で対局開始です。

 

棋譜は明日にはNHK杯HP にアップされていると思います。

 

序盤は後手稲葉八段が角道を止めて振り飛車の気配を見せるも、居飛車で進行。

 

角道を止めて居飛車にする流行している戦形に。雁木っぽい形です。

 

先手豊島八段は左美濃から早繰り銀で後手の角頭を攻めます。

 

ここまで進行が速い速い・・・研究?っというぐらい速いです。

 

見どころとしては先手の速攻(3五歩)に後手がどう応対するか。

 

先手豊島八段は序盤・中盤・終盤スキがなく有名。

 

後手稲葉八段は攻め将棋ながらもカウンターが持ち味。

 

ということで結局角交換になり、互いに角を持ち合う展開に。

 

角を打ち合ってせめぎ合いになりますが、先手が歩の手筋、銀、角の連携から後手陣を崩して、

 

5六飛車とこれまた飛車が後手陣に効いてきて、豊島八段が優勢っぽい。

 

ってか決まればヤバいよーヤバいよーで勝ちという局面に。

 

んでここで今日一番の絶妙手 後手稲葉八段の5四歩

 

あら不思議。豊島八段の攻めが落ち着き、後手にも手番が回ってきました。

 

解説も感心しきりの一手。

 

後手からの攻めのターン。歩の突き捨てから、角打ち、馬を作ることにも成功。

 

と言いながらも先手陣も龍でじわじわ攻めてくるのですが・・・

 

いったん、先手豊島八段の7九玉とした手も渋く、益々せめぎ合いが続きます。

 

終盤になり後手陣が寄せられそうというところで、後手が歩頭の8七銀。

 

これ決まったぽいという手です。進んでみればやはり長手数の詰みで後手稲葉八段の勝ち。

 

 

122手で稲葉八段が勝ちました!

 

 

解説「豊島八段の先攻が功を奏して先手リードに見えたが、後手稲葉八段の54歩が受けの妙手だった。

その地点を受けない新しい感覚。受けの力とその後の一気の寄せが見事だった。手数が長い詰み筋も読み切り見事だった。」

 

いやー。互いにほぼ互角でしたが、稲葉八段の持ち味が出た対局でした。

 

受けの妙手からの、狙いすました即詰み。

 

来週は山崎八段と郷田九段の勝者と対決です。

 

個人的には山崎八段との対局が見てみたいですね( *´艸`)

 

 


<スポンサーリンク>



<おすすめ関連記事>


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。