第67回NHK杯1回戦第9局 久保利明王将 対 宮田敦史六段

スポンサーリンク



 

 

第67回NHK杯1回戦第9局

宮田敦史六段  先手

竜王戦5組、順位戦C級1組、6回目の出場

久保利明 王将 後手

竜王戦1組、順位戦A級、22回目の出場

解説 渡辺 明 竜王

順当にいけば、久保王将の勝利ですが、今期NHK杯はベテラン勢が負けております。

 

渡辺明竜王  両棋士印象

 

 

宮田六段
宮田六段は同門。寄席が鋭い将棋。詰将棋を解くのが速い。

 

久保王将
3月に王将に復位。振り飛車党の第一人者。

 

両棋士インタビュー

 

宮田六段
久保王位ら振り飛車を指しこなされる方。
まずは今日の将棋を頑張りたい。

久保王位
短い将棋なので迷ったときに直観を重視して指したい。
一戦一戦勝ち上がっていって決勝に進めれればよい。

渡辺明竜王  対局の見どころ
先手宮田六段の攻めに、久保さんがどう受けるか。
両者終盤が強いのでたたき合いが楽しみ。

 

 

対局開始

 

 

 

久保王位は振り飛車、宮田六段は居飛車の進行。

 

久保王位 中飛車に。

 

でもお互い仕掛けられず、後手の飛車がいったりきたり・・・

千日手模様です。

 

先手の囲いは対中飛車ではたまに見られる囲い(解説)

 

やっと駒がぶつかり

 

 

ここで宮田六段3四飛車。

渡辺竜王「挑発的な手」

後手久保王位、受けるかと思いきや

攻め合いを選択。

 

 

中盤をすっ飛ばしていきなり終盤に。

 

 

後手2九飛車成ではないということは、

2九では勝てないということ。(解説)

 

 

 

 

宮田六段の囲いはまだ丈夫そうです。

 

 

角を渡すと危ないのですが・・・

もう読んだよ!という宮田六段の手

7三馬 桂馬取

もう詰まないよ、読み切っているよ!という手です。

久保王位、敵陣にいた竜を使って受けますが・・・

 

 

先手の竜切りから即詰みに。

 

投了図

 

113手で宮田六段の勝ち。

 

中盤をすっとばしていきなり終盤になった将棋でした。

 

久保王位少しうっかりしたのでしょうか・・・

 

 

 

持ち味が出せずに終わりました。

 

終盤は宮田六段さすがに強かった。

 

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA