第67回NHK杯2回戦 第2局 広瀬章人 八段 対 畠山鎮 七段(ポイントのみ)

スポンサーリンク



 


第67回NHK杯2回戦 第2局 広瀬章人 八段 対 畠山鎮 七段(ポイントのみ)

 

8月13日(日)放送

 

司会 藤田綾女流二段

解説 佐藤六段

 

 

NHK杯です。

 

放送日がたまたまお盆と重なりましたね( ^ω^)・・・

 

お盆の帰省中は墓参り、親族の行事などでバタバタしており、リアルタイムでは見られませんでした!

 

帰省後に視聴しましたが、もう結果が分かっていたので(ネットで)ポイントだけかいつまんで( ^ω^)・・・

 

 

 

 

先手 畠山鎮 七段

後手 広瀬章人 八段

 

広瀬八段、畠山七段ともに攻め将棋です。

広瀬八段は振り飛車穴熊を主に採用してタイトルを奪取した通称「穴熊王子」。

最近は居飛車を指すことが多いです。畠山七段も居飛車党なので、相居飛車の戦いになるのではないでしょうか。(解説も同戦型予想)

 

放送から数日たっていたので棋譜がもう公開されています。↓

 

NHK杯 棋譜 (畠山七段 対 広瀬八段)

 

下記はおおまかな流れと、ちょっとした感想です( ^ω^)・・・

 

ってか広瀬八段 メガネかけられてたんですね( ^ω^)・・・

 

スポンサーリンク

<序盤>

 

相居飛車から角替わりの将棋に。

角替わり、相腰掛銀で進行が進みます。

互いに陣形を整えたところから、先手 畠山七段の仕掛け、攻めが続きます。

後手 広瀬八段、先手の攻めをどう面倒を見るか

 

 

という局面。畠山七段が良さそうです。

 

進行が進み、

 

(50手目前後)

 

畠山七段→7二角を狙った、6三銀

結果→金取り

 

広瀬八段→9筋の歩の突き捨てから、飛車取を狙った3七角

結果→飛車取り

 

互いに駒を清算してどうかという展開です。

 

 

<中盤~終盤>

 

(50手目~70手目)

駒を打ち合い、広瀬八段の飛車打ち。駒も清算され一気に終盤へ。

広瀬八段の飛車、銀、金の攻めを畠山七段が受けきれるかという展開です。

詰めろ詰めろで攻めが続くので、なかなか畠山七段に手番が回りません。

ただ広瀬八段の攻めも細く、攻めが切れれば負けそうです。

 

 

 

(70手目~101手目)

 

畠山七段にも手番が回ってきました。

4三歩から詰めろをかけていき、飛車を絡めて攻めていきます。

豊富な持ち駒を用いて、一手余らせて見事寄せきりました( ^ω^)・・・

 

101手で畠山七段の勝利。

終盤の広瀬八段の攻めを冷静に受けて、

手番が回った瞬間の一手一手の寄せが見事でした。

 

 

 

 

 

 

 

【おすすめの初心者向け戦法】棒銀ってなあに

 

 

第67回NHK杯 2回戦第1局 深浦康市 九段 対 増田康宏 四段

 

 

 


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA