第67回NHK杯 1回戦第17局阿久津八段対佐々木六段を見逃した件

スポンサーリンク



 


第67回NHK杯 1回戦第17局阿久津八段対佐々木六段を見逃した件

 

タイトルの通り見逃しました( ^ω^)・・・

 

仕事、家族サービスの怒涛の1日で、リアルタイムで見逃すのはもちろんのこと、

 

録画の容量がドラマに埋め尽くされており、撮れていないっていうね・・・

 

録画消しとけ!!

 

<ドラマ>

コード・ブルー

愛してたって、秘密はある

ウチの夫は仕事ができない

脳にスマホが埋められた

僕たちがやりました

 

たちに容量をやられましたよ( ^ω^)・・・

 

でもNHK杯の公式HPで棋譜が公開されています。

 

<NHK杯>

▲先手佐々木慎六段 対 ▽後手阿久津主税八段 棋譜

 

スポンサーリンク

 

対局のポイントは?

 

棋譜を見ると、個人的なポイントは

・佐々木六段の初手7八飛

・佐々木六段のまったり石田流 対 阿久津八段のイケメン穴熊(勝手に命名)

・阿久津八段の46手目7七角成→6七桂打ち(飛車、角両取り)の大技

・佐々木六段の7一角打ちでおよよ?隙を見て阿久津八段の銀取りからの攻め

・佐々木六段の端攻め&一段飛車 か 阿久津八段の逆端攻め+飛車&馬の攻め、

どちらが速いかという終盤戦に。

 

佐々木六段の7一角の遅い攻めを見て、阿久津八段が一気に攻め立て、一手違いで冷静に即詰みに打ち取りました。結果的に7一角があそび駒になってしまいました。

46手目あたりから進行が激しくなり白熱した終盤戦へ。

7一角とは対照に阿久津八段の7五銀は終盤に効いてくるという・・・

リアルタイムで見たら絶対面白かっただろうな~( ^ω^)・・・

という一局でした!

 

 

 

 


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA