第67回NHK杯2回戦 第7局 木村一基 九段 対 豊島将之 八段

スポンサーリンク



 

 

第67回NHK杯2回戦 第7局 木村一基 九段 対 豊島将之 八段

 

NHK杯です。

 

受けの木村九段 対 序盤・中盤・終盤 隙がない豊島八段との対局。

解説は三浦弘行九段です。

 

インタビュー&戦型予想

 

木村八段プロフィール 関連記事

【棋士紹介】千駄ヶ谷の受け師こと木村一基九段

 

木村八段といえば、粘り強い受け将棋で有名です。

先般九段に昇段されました。タイトル挑戦出場経験もある強豪棋士です。

 

 

豊島八段 プロフィール

Masayuki Toyoshima 八段

棋士番号 264
生年月日 1990年4月30日(27歳)
出身地 愛知県一宮市
師匠 桐山清澄九段
竜王戦 1組(1組:4期)
順位戦 A級

 

序盤・中盤・終盤 隙がない若手強豪棋士です。

順位戦もA級とこちらもお強い。

 

両棋士インタビュー

 

豊島八段

「木村九段は気さくな先生。受けが強いので、攻めが切らされないよう手厚く攻めたい」

 

木村九段

「豊島八段は隙が見当たらず、最近はより力強くなっている。司会の藤田さん、解説の三浦さんは少し隙があると思いますが・・・

豊島八段の隙を一生懸命見つけたい」

 

 

解説三浦九段 戦型予想「先手が豊島八段なので手厚く攻めるだろう。木村九段は受け将棋だが、どこで反撃するかが見どころ。」

 

先手 豊島八段

後手 木村九段 で対局開始です。

スポンサーリンク

 

対局開始

 

 

角換わりの将棋に。

 

 

 

解説「4八金、2九飛車が流行形。」

お手本のような進行で上記の形に。後手木村九段4三金とし受けモードです。

4五歩からの桂跳ね、2四歩の飛車先交換、一歩得を防ぐ手です。

豊島八段が攻めていきます。

 

 

 

 

桂馬ではなく4五銀。

 

 

 

木村九段はじっくりと5四角打ち。

先手の6三角打ちなどを防ぎながら、7五歩から敵陣を攻める手です。

 

先手4一角と打ちます。飛車先交換から寄せられる嫌な手。

後手構わず、7五歩の突き捨てから7六歩と攻めていきます。

 

 

 

ここで矢倉崩しで良く出てくる歩頭桂。

桂馬を取れば、歩の頭から駒を打っていけば飛車先を突破できます。

 

 

ということで先手8五歩と受けますが、自玉の頭に歩がぶら下がりいつでも攻められる状況に。

後手8七桂と跳ねて、攻撃に厚みを持たせます。

歩成りから先手陣持ちません。ここで先手も反撃の歩頭桂。

 

 

からの2三銀打ち。

もー怖い状況ですが、木村九段恐れず取ります。

一手一手寄せられていきますが・・・

 

 

 

後手木村九段も8七銀打ちから反撃を試みますが・・・

 

駒をばらして8五桂馬。

 

次の手で寄せられそうですが、相手は序盤・中盤・終盤スキがない豊島八段。

 

4三銀成から駒をばらされて寄せられていきます。

 

この先手の4一銀打ちが妙手でした。

取れば、飛車成りもあるので下段に逃げますが、

4四金打ち。

玉は包むように寄せろと言われますがお手本のような手順です。

 

 

そして6三角打ちで後手投了となりました。

相駒をしても4二金打ちで詰み、5一と玉を逃げても5二金打ちで詰みです。

 

 

<投了図>

 

 

 

 

99手で豊島八段の勝ち。

 

解説「最後まで熱戦だった。序盤の木村九段の85桂馬だったらどうだったか感想戦で聞いてみたい」

 

ということで序盤・中盤・終盤スキがない豊島八段が勝利しました。

 

解説のとおり終盤が二転三転して面白かった( *´艸`)

 

終盤 後手木村九段の8五桂跳ねが緩手だったということでしょうか・・・

あの局面、豊島八段も読み切っている感じでしたね・・・

 

面白い将棋でした( *´艸`)

 

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA