【棋士紹介】羽生善治3冠 やばいと思う羽生マジック3選まとめ

スポンサーリンク



 

 

羽生善治三冠とは?

 

 

↑ジャケ買いした一冊

1996年2月14日、将棋界で初の7タイトル独占を達成。

全7タイトルのうち竜王を除く6つでの永世称号(永世名人(十九世名人)・永世王位・名誉王座・永世棋王・永世棋聖・永世王将)の資格を保持(いわゆる「永世六冠」)。さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、7つの永世称号の保持は史上初[注 1]

通算優勝回数152回、公式戦優勝回数141回、タイトル獲得97期、タイトル戦登場129回、同一タイトル戦25回連続登場(王座)、同一タイトル獲得通算24期(王座)は歴代単独1位、一般棋戦優勝回数44回は大山康晴と並んで歴代1位タイの記録である。また、非タイトル戦優勝回数55回、非公式戦優勝回数11回、最優秀棋士賞21回、獲得賞金・対局料ランキング首位22回も歴代1位である。詳細は主な成績を参照。

羽生とほぼ同じ年齢にトップクラスの実力者が集中しており、彼らは「羽生世代」と呼ばれる。

Wikipedia 羽生善治 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E7%94%9F%E5%96%84%E6%B2%BB

 

一番有名な将棋棋士は羽生善治三冠(王位、王座、棋聖)と言っても過言ではありません。

 

普段将棋に馴染みが無い方も、「将棋棋士と言えば?」の問いに、

 

羽生三冠の名前を思い浮かべるはずです。

 

史上3人目(中学生棋士 藤井四段誕生以前)の中学生棋士でもあり、20代で将棋タイトル七冠を独占。

 

当時の新聞紙上を賑わし、TVCMの出演、著書(棋書)出版などで一躍時の人になりました。

 

 

羽生三冠の活躍と共に、「将棋と言えば羽生。」といったパブリックイメージが浸透しました。

 

最近では、故 村山 聖棋士の半生を描いた映画「聖の青春」が公開され、

 

 

俳優の東出 昌大さん演じる若かりし頃の羽生善治三冠の姿も話題になりました。

 

 

実力、人気ともに兼ね備えた将棋界のトップスターではないでしょうか。

 

将棋の世界では年齢とともに棋力が衰えていくといわれますが、

 

46歳を超えてもなお第一線を走り続けています。(羽生世代然り)

 

著書の中では、「若いころに比べて落ちた瞬発力を経験値で補っている」とも語られています。

 

羽生三冠の対局の魅力は、強いのはもちろんのこと、良い意味でも、悪い意味でも常人には理解できない一手、通称羽生マジック。

 

盤上に繰り出されるその一手は、相手を困惑させ、気づけば相手を打ち取ってしまいます。

 

そんな羽生マジックがさく裂した有名な対局を3選(個人的にこれは外せないよね!!と思った対局)ご紹介します。

 

羽生マジック炸裂!!おすすめ3選

 

伝説の▲5二銀

第38回NHK杯(1988年)

羽生善治 五段 対 加藤一二三 九段 戦

 

当時18歳と若かりし頃の羽生善治三冠の一局。

加藤九段に勝利後、谷川前将棋連盟会長、中原誠前名人を撃破しNHK杯で優勝を果たしました。

 

加藤一二三九段が棒銀戦法を採用するきっかけになったと言われる一局。

 

先手羽生三冠は棒銀で果敢に攻めていきます。

 

ここで

羽生三冠の選択は▲5二銀打ち。

 

一見銀がタダで取れますが、銀を取っても、取らなくても必至となります。

加藤九段の攻めが一手遅い分、この後投了となりました。

 


銀を取ると・・・

即詰みです。

 

実際の局面は銀を取らずに進行が進み、羽生三冠の三二金打ちを見て加藤九段投了となりました。

 

 

YOU TUBE 動画 https://www.youtube.com/watch?v=BeRhoH7EPOM

 

加藤九段に勝利後、谷川、中原と当時全盛期だった棋士達を倒し,

見事優勝を果たします。

スポンサーリンク

 

一歩千金 8六歩打ち

 

NHK杯 2004年

羽生善治 四冠 対 丸山 忠久 棋王 戦

 

横歩取りで進行が進んだ一局。

 

詰むや詰まざるやの終盤戦でさく裂した羽生三冠の一手です。

 

一歩千金をまさに絵に描いたような羽生マジックです。

 

 

 

下記がその局面。

ここで羽生三冠の手番。

丸山棋王からの5七角打ちが一見危なそうです。

5七角を打たれると入玉も阻止され、寄せられそうになります。

っがここで羽生三冠の選択は

8六歩

 

 

丸山棋王 ここでお約束の5七角打ち。

 

 

羽生三冠冷静に8六歩で竜を取りますが・・・

丸山棋王丸 逃げ道封鎖の銀打ち。

頭金で詰みです。

 

 

っがここから羽生四冠は銀打ち。

 

 

からの5四銀取り。

 

丸山玉に詰めろの形で馬を取っている暇はありません。

 

しかも8五歩が詰めろに効いているんですよね・・・

 

羽生三冠玉は上部が一気に安全になりました。

 

そして丸山棋王ここで投了。

 

解説(故 米長永世棋聖) 「8六歩は常識外の一手。でも指したのが羽生。普通なら安全に指すが普通じゃないから七冠王になった」

この言葉がすべてを物語る一手でした。

 

 

YOU tube 動画 https://www.youtube.com/watch?v=J27j-kCcMCg

 

天才の詰み

 

NHK杯 2013年

羽生善治 三冠 対 郷田 真隆 棋王 戦

 

羽生三冠 ゴキゲン中飛車

郷田棋王 居飛車 の戦形で進み下記終盤の局面に。お互い秒読みです。

ここで羽生三冠の手番。

ここで羽生三冠の手が一瞬震える・・・

羽生さんは勝利に近づくと手が震えると言われています。

ここで桂馬打ちではなく銀打ち・・・

金打ちで郷田棋王投了。

以下、▲同竜△同馬▲6五玉△5五飛車打ちで詰みです。

 

秒読みのさなか、この手数の詰みを瞬時に読み切る終盤力・・・

恐るべしです。

 

YOU tube 動画 https://www.youtube.com/watch?v=VI2hjB_RMIs&t=9s

 

 

羽生善治の名言

 

『誰もずっと安全な場所に居続けることはできない』と考えれば、前を向くしか方法はなくなります」

引用:羽生 善治 PHP研究所 捨てる力 より

 

40歳を過ぎてもなお、将棋界のトップに君臨する羽生善治三冠。

羽生三冠の原動力は上記の一節に表れているのではないでしょうか。

リスクを冒してでも、安全な居場所(盤面・局面)にとどまらず勝負手を放つ。

この勝負手が数々の逆転を産み出し、結果として羽生マジックと言われるのだと思います。

<関連記事>

【中学生将棋棋士】藤井聡太四段が羽生三冠に勝利!

【棋士紹介】西の王子 山崎隆之八段と羽生善治三冠

 

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA