【将棋おすすめ本】初心者の方向け棋力が向上しないはずがない一冊

スポンサーリンク



 


【将棋おすすめ本】初心者の方向け棋力が向上しないはずがない一冊

 

 

 

 

 

 

 

絶対手筋シリーズ。

 

渡辺 明竜王の著書です。

 

将棋を覚え始めた初心者だったときに読みました。

 

独学で将棋を勉強し、ルール、囲い、戦法も粗方覚えたときです。

 

本屋で立ち読みしたのがきっかけ。

 

 

なぜこの本を買ったかというと

 

 

将棋の方法論が掲載されているから!

 

将棋のルール、駒の動かし方、囲い、戦法を覚えても、 それをどうしようしたらいいのか全く分からないんですよね!! 対局経験を重ねて、何となく進行は頭に入っているのですが、 具体的に、この手が来たらこう指す(手筋)といった方法論が分からないんです!

 

この本は

 

・序盤

 

・中盤

 

・終盤

 

の3篇に分かれています。

 

序盤篇は囲いの進行例(矢倉、美濃囲いなど)や戦法の進行例(早石田など)が記載されており、実戦形式で学ぶことができます。

 

中盤篇は手筋(たたきの歩、ダンスの歩、桂頭の銀など)や、囲い・戦法のより具体的な進行例が記載。

 

終盤篇は囲いの崩し方、玉の詰まし方、受け方の手筋がメインで記載されています。

 

つまりこの1冊を読めば、囲い、戦法、手筋、受け、終盤の具体的な方法を学べるんです。

 

棋力がアップしないわけがないんですね。この本を読んで勝率も飛躍的にアップしました!戦法に特化した本を読むのも良いと思いますが、初心者の内は、いくら戦法を覚えても実戦でどう使ったらいいのか分からないことがほとんどですし、相手も本の進行例通りに指すはずがありません。

 

ここで大切になってくるのが、局面全体を見て臨機応変に対応することです。

 

囲い、戦法、手筋の方法論、引き出しがどれくらいあるかが大切です。

 

これらを最初のうちに勉強しておくことが勝利への近道です!

 

 

実際に購入された方の声

 

実際に購入された方の感想はこちらです

平均

星4つを獲得しています。

 

将棋で迷子になった人はこちらから・・・

Aさん

駒の動かし方は分かる、でもそこからが・・・。 そんな人への一冊です。 この時はこうするんだよ、ということを 表裏一枚で簡潔に表現しています。 序盤、中盤、終盤の基本(手筋)をシンプルに まとめており、もちろん失敗手順も明記。 読み筋も深入りせず、級位者フレンドリーです。 あっさり味の、将棋指南書。

Aさん

 

基本手筋本

Bさん

この本は将棋のルールを覚えた、次の段階に何をしようか??くらいの人が読むくらいの本です 序盤編 中盤編 終盤編と分かれていて 各60問ずつ計180問の問題が収められています 手筋本は何冊か持っているのですが、 ひと目の手筋や羽生の法則よりも簡単な部類の本だと 想いますが、結構難しい問題も混ざっています 将棋倶楽部24でいうと8級から15級くらいの人が 読む本だと想います。 ちょっと難しい問題も混ざっていて対象棋力が あやふやなのと、ヒント?が上と下二つ書いてあるので 手で隠せないので、いきなり答えが解ってしまうので、 星3つにさせていただきます 第1問目は初手どの駒を動かせばいいのかから始まります。。 はじめて将棋に取り組む人、またルールは覚えたけど どうすればいいのかわからないと言う人には 本書は非常に良いとは想いますが、 こちらより私はひと目の手筋のほうが好きです 一応最初の10ページにルールが書いてあります ルビはふってないので、大人の方の将棋手筋本だと想います

Bさん

※引用 マイナビ商品レビューより

 

私も同じような感想です。

とにかく取っつきやすい本で、パターン別に戦法対策、手筋の実践例が書かれているので分かりやすいです!

 

改めておすすめポイントをまとめると・・・

 

おすすめポイントまとめ

  • 囲い、戦法、手筋の実践図、進行図が記載されている
  • 序盤(囲い進行・対策)・中盤(手筋進行)・終盤(囲い崩し方、受け方)と別れて紹介されている
  • 各編深く記載されておらず初心者の方(低級位)にも分かりやすい

 

とにかく初心者の方は読んで損がないのでご覧になられてください( *´艸`)

 

 


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA