【初心者・ルール】将棋の駒の取った後(持ち駒)の使い方

   


 

スポンサーリンク

 

 

【初心者・ルール】将棋の駒の取った後(持ち駒)の使い方

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事を見返していて、将棋の駒の取った後の使い方を紹介していなかったので、

改めて記載します。

 

過去の記事↓

<将棋のルール>

 

初心者の方が10分で分かる将棋のルール解説

 

将棋の駒の取った後の使い方~取った駒は持ち駒へ~

 

将棋の駒は取った後(持ち駒になった)、自分の手番のときに使用できます。

チェスと将棋の大きなルールの違いは、取った駒を使えるかどうかです。

取った後の駒が対局時に使えれば戦略の幅も広がります。

将棋の魅力の一つです。

この自分が取った後の駒は

取った駒=持ち駒 になります。

やったね!!

 

持ち駒が手に入るということは、自分の戦力が増えるということです。

俺に任せろ・・・

 

逆に相手は、駒を取られたので、戦力がダウンしていることになります。

持ち駒をうまく活かせれば戦況を有利に進めることができます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

持ち駒の使い方と使えない場所

 

例えば、下記図では歩が1歩手に入り持ち駒となりました。

持ち駒は駒台に置かれます。(赤図の歩が置かれている台を駒台と言います。)

 

 

駒台はこんなイメージです↓

 

持ち駒をどう使うかが大切なわけですが、

・自分の手番

・駒が動ける範囲

であれば自由に使用できます。

相手の手番であれば、自分は指せないので駒を使うと反則です。

駒が動ける範囲というのは、

 

下記図の場合、7一桂、五一歩はこれ以上前に進めない(動けない)ので、

ここには持ち駒を使えません。

7四桂馬、4四歩は動けるのでOKです。

つまり持ち駒を置いても、駒が動かせない場所には使用できませんよ。ということです。

もちろん相手の駒に被せて(相手の駒がある場所)使えないのはもちろんのこと、

打っても敵に取られる場所には、持ち駒を打てますが、使うべきではありません。

※上級者になるとわざと駒を捨てて局面を有利にする方法もありますが・・・

 

<将棋の駒の動かし方が記載されている記事>

 

 

将棋の駒の配置と動かし方

例えば下記図の場合は、持ち駒を使った局面で2三歩と打ちました。

 

歩の禁じ手で二歩は打てませんので、赤で囲っている筋(列)にしか持ち駒の歩を使えません。

それ以外の筋は既に歩がありますので、持ち駒の歩を使えないということになります。

将棋の禁じ手(反則)と駒の位置の表し方

 

 

持ち駒は自陣にも使用できます。

角が持ち駒になった局面で7七角と打ちました。

良い手、悪い手は別にして、角が動ける範囲なのでOKです。

逆に敵陣には打てる場所(置いても角を取られる)がありませんので

持ち駒を使うべきではありません。

 

 

 

持ち駒をどういう風に活用すればいいの!??

という方は下記記事を参考ください。

将棋の手筋(簡単に言うと小技)を紹介しています。

手筋は駒、特に歩を使うこと(持ち駒の状態から打つ)が多いので、

参考になるかもしれません。

 

局面を有利に進める手筋

覚えて損はない歩の手筋

 

まとめ

 

将棋の持ち駒は

自分の手番で、駒を動かせる範囲であれば、敵陣、自陣問わずにどこにでも使用できます。

持ち駒をうまく活用して戦況を有利に進めることが勝率アップの秘訣です。

 

 

スポンサーリンク

 - ルール

Translate »