【初心者向け】四間飛車を覚えるならこの本がおすすめですよ

スポンサーリンク



 


【初心者向け】四間飛車を覚えるならこの本がおすすめですよ

 

 

藤井システムの発案者 藤井猛九段の著書です。
藤井九段といえば、振り飛車御三家(久保王位、鈴木九段、藤井九段)の1人です。

 

穴熊対策の戦法「藤井システム」を原動力に竜王を三連覇されました。
藤井システム以外にも角交換四間飛車など、序盤の定跡に貢献された方で、独創的な序盤の組み立て方は勉強になります。

 

スポンサーリンク

本の内容は?

 

この著書はタイトルの通り、

 

四間飛車の定跡、指し方に特化した本です。 3シリーズ(部)発売されていますが、1部だけでも情報量としては問題ありません。 2部以降は藤井システムが主に紹介されています。 藤井システムは四間飛車の応用技なので、まずは1部を読み込んで四間飛車の基本を覚えるようにしましょう。

 

初心者の方が始めに覚える戦法は、棒銀、四間飛車といわれていますが、

 

※四間飛車参考記事

※藤井システム参考記事

 

「とにかく四間飛車を指したい!!!!」

 

という方はこの本を読んで損がないと思います。

四間飛車目線で、対居飛車戦の進行(棒銀、山田定跡など)に対する、受け、カウンターの手順がこと細かに書かれています。

 

 

ページごとに問題形式になっていて自分の頭で考えながら進めることができます。(Q&A方式)

問題の正解と一緒に悪手の進行も書かれているので、とても勉強になります。

 

本の構成

 

本は上段と下段に分かれており(真ん中を区切りに上と下に記事が分かれている)、最後まで上段の記事を読み終えて、後ろから下段の記事を読むことが出来ます。つまり一冊で二冊分の情報量が詰まっているということです。

 

一冊で二度美味しいわけです。

 

 

 

シリーズ化されており下記の二冊もあります。本の構成は四間飛車を指しこなす本と変わらない問題形式。

 

相振り飛車を指しこなす本

角交換四間飛車を指しこなす本

 

 

 

振り飛車党の人にはおすすめのシリーズです。

 

実際に読んだ人の感想

 

「四間飛車を指しこなす本」を読んだ方の感想はこちらです。

 

得意戦型に四間飛車を選ぶならコレ

Aさん

ルールは覚えた、序盤中盤終盤で考えるべきことは本でおぼろげに覚えたけれどもなかなか思い通りにならない、という人にぴったりの本だと思います。私自身の棋力は将棋24で9-11級程度でまだまだ初心者ですが、この本のおかげで四間飛車の基本を理解できるようになったと思います。 これまで居飛車振飛車いろいろな定石を覚えようとしていましたが、なかなか身につかず、実戦で応用できていませんでした。 まずは自分の得意分野を作るつもりで四間飛車にこだわって覚えてみよう、とおもいこの本を手にしました。 私のような級位者にも理解しやすい、簡潔明瞭な解説で実践的な変化について設問、考察があるので頭に入りやすいです。変化についてもひとつの盤面図からせいぜい5-6手先までなので駒と盤がないところでも読み進められます。 居飛車手番の指し手の設問、解説もあり、振飛車側の疑問手、悪手がどのような結果になるのか、の確認も出来ます。 まだ2/3巻は読めていませんが、この巻を繰り返して読むことで序盤から中盤にかけてのさばきがかなり優位に進められるようになりました。 表紙などから初心者には敷居が高いようにも見えますが、入門本を読み終えた後、自分の戦型選びに迷っているような人にこそおすすめです。

Aさん

 

とても分かりやすいです。

Bさん

他の皆さんも書かれていますが、一問一答形式で答えの欄にはその後の変化も書かれてるものもあり、非常にわかりやすい内容だと思います。 解説も丁寧に載っているので将棋を初めてまだ日が浅い私でもスイスイと読み進めることが出来ます。 私的に嬉しかったのは一番ネットでよく見かける斜め棒銀、棒銀の受けや対策が載っていることでした。 まだ、斜め棒銀の途中までしか読み進めていませんが、何回でも繰り返して読めそうな一冊だと思います。

Bさん
とにかく高評価です!
おすすめポイントをまとめると・・・
  • 四間飛車の進行例・手筋が丁寧に図解・説明されている
  • Q&A方式なので自分で考えながら読み進めることができる
  • 1冊が真ん中で区切られており、上下に記事が分かれている。上段を読み終われば下段に。一冊で二度読める
得意戦法を四間飛車にしたい方はこの本で勉強しましょう!

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA