四間飛車を覚えるならこの一冊

スポンサーリンク



 

藤井システムの発案者

藤井猛九段の著書。
藤井九段といえば、振り飛車御三家(久保王位、鈴木九段、藤井九段)の1人です。

 

藤井システムを原動力に竜王を三連覇されました。
藤井システム以外にも角交換四間飛車など、序盤の定跡に貢献された方で、独創的な序盤の組み立て方は勉強になります。

 

 

この著書はタイトルの通り、
四間飛車の定跡、指し方に特化した本です。
三部構成になっていますが、1(部)だけでも情報量としては問題ありません。

 

 

初心者の方が始めに覚える戦法は、棒銀、四間飛車といわれていますが、

 

※四間飛車参考記事

※藤井システム参考記事

 

とにかく四間飛車を指したい!!!!
という方は読んで損がないと思います。
四間飛車目線で、対居飛車戦の進行(棒銀、山田定跡など)に対する、受け、カウンターの手順がこと細かに書かれています。

 

 

ページごとに問題形式になっており、

 

自分の頭で考えながら進めることができます。

問題の正解と一緒に悪手の進行も書かれているので、非常に勉強になります。

 

本は上段と下段に分かれており(真ん中をさかえに上と下に記事が分かれている)、

 

最後まで上段の記事を読み終えて、後ろから下段の記事を読むことが出来ます。

 

つまり一冊で二冊分の情報量が詰まっているということです。

 

四間飛車の入門書です。

 

シリーズ化されており下記二冊があります。

 

本の構成は四間飛車を指しこなす本と変わらない問題形式。

 

相振り飛車を指しこなす本

角交換四間飛車を指しこなす本

 

 

 

振り飛車党の人はひとまずこの3冊を抑えておけば、鬼に金棒です。

 

 

 

 

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA