NHK杯3回戦 第8局 菅井竜也 王位 対 畠山鎮 七段

スポンサーリンク



 


NHK杯3回戦 第8局 菅井竜也 王位 対 畠山鎮 七段

 

 

NHK杯です。

菅井王位対畠山七段の対局。

解説は久保王将です。

 

 

<菅井王位関連記事>

第67回NHK杯第2回戦 第11局 菅井竜也 王位対橋本崇載 八段

 

菅井七段が王位戦タイトル奪取。羽生三冠に勝利!

 

<畠山七段関連記事>

第67回NHK杯2回戦 第2局 広瀬章人 八段 対 畠山鎮 七段(ポイントのみ)

 

 

 

 

解説の戦型予想「畠山七段は居飛車党で相手を迎え撃つ居飛車の本格派。菅井王位は昔は振り飛車党だったが、今は居飛車も指しこなすオールラウンダー。先手が畠山七段なので居飛車を指して、菅井王位が振り飛車、居飛車を指すか序盤から眼が離せない」

 

過去の対戦成績は3戦2勝と菅井王位が勝ち越しているようです。

 

先手 畠山七段

後手 菅井王位 で対局開始です。

 

 

スポンサーリンク

 

対局開始

 

序盤は相居飛車になり、横歩取りで進行。

 

 

 

局面が大きく動いたのはこのあたりから。

 

 

後手の△3五歩の桂取り。

飛車交換も狙った手で陣形の差から先手菅井王位が良さそうです。

 

 

とういうことで先手▲6五桂と飛車に紐づいた角を交換し、玉を広くする手。

これは良い手な感じ。

 

 

△3六歩と桂取り。▲5五角と応手。

 

後手飛車取りに構わず△2七と、△2八銀からの△3七角。

 

飛車を渡したにも関わらず、局面落ち着けば陣形の差からも後手が良さそうです。

大局観というかプロってすげーな・・・と思いました。

 

 

このあと先手畠山七段も飛車二枚で攻めますが、菅井王位の銀2枚、金3枚の囲いを崩せず・・・

 

菅井王位、冷静に一手一手寄せて、詰めろをかけたところで先手投了。

 

 

<投了図>

 

 

 

 

110手まで菅井王位の勝ち。

 

解説「菅井王位が優勢になってからリードを広げて、終盤華麗に寄せきった」

 

序盤・中盤のねじり合いを制して、終盤は正確な寄せ。

菅井王位強い!

 

次戦は郷田九段と対局です。

早いもので次戦が準々決勝です( *´艸`)


将棋ウォーズのアイテムを無料で手に入れるには!?

<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA