【初心者の方向け】囲い一覧と囲いの相性

      2017/06/22


スポンサーリンク

将棋の囲い一覧と囲いの相性をまとめてみました。

 

囲いの一覧

 

矢倉

金矢倉

矢倉の基本形。初心者の方がまず初めに覚える駒組で、

相矢倉戦で最もオーソドックスな形です。

弱点は7八の金。

この金を攻められると、途端に崩れます。

 

総矢倉

 

金矢倉から5七の地点(金の横)に銀が上がった形。

相矢倉戦で5筋から攻められるときに、この形になることが多い。

金、銀4枚を使用しているので、矢倉の中では一番堅いといわれています。

 

矢倉穴熊

金矢倉から穴熊に変形する形。

相矢倉で持久戦になったときに見られる囲いです。

堅さは金矢倉に勝りますが、駒を打ち込むスペース(角など)が増えるのが弱点です。

 

銀矢倉

 

対右四間飛車戦において、持久戦の際に組まれることがあります。

片矢倉

 

 

少ない手筋で組むことができる囲い。相手が駒を打ち込むスペースが少ない点も特徴です。

弱点は8筋に効いている駒が玉しかないので、8筋を攻められると弱いところです。

菊水矢倉

 

 

桂馬が跳ねて、玉が8九の位置する囲い。

上部からの攻撃には強いですが、玉が8九の地点にいるため、横からの攻撃に弱いです。

 

へこみ矢倉

 

急戦時に使用される矢倉。

角換わりなどの戦いのときによく組まれます。

 

 

右矢倉

 

金矢倉を5~1筋で駒組した形。相矢倉戦で使用します。

 

 

穴熊

舟囲い

 

穴熊に組む前の基本形。

この形から急戦棒銀で戦ったり、穴熊で持久戦を目指したりします。

 

 

穴熊

 

穴熊の基本形。ひとまずこの形に組めば堅いです。

あとは駒をさばいて、終盤戦にもちこめば穴熊の堅さが活きてきます。

松尾流穴熊

穴熊から金の位置が変わった形。

松尾 歩棋士考案の形です。

ビッグ4

 

穴熊にさらに銀が上がった形です。

一番堅いですが、手数かかる為、滅多にお目にかかれることはありません。

おおよそ組む前に戦いが始まります。

 

振り飛車穴熊

振り飛車戦において使用される穴熊の形です。

 

美濃囲い

 

美濃囲い

 

振り飛車戦にて使用される囲いの基本形です。

駒の連結が横からの攻めに強さを発揮します。

弱点は玉のコビン。

相手が角と桂馬を持っているときは注意しましょう。

 

高美濃囲い

美濃囲いから変形した囲い。

桂馬を攻め参加させることができますが、金が上がっている分、横からの攻めには弱いです。

 

銀冠

高美濃囲いから更に変形させた形。

金、銀の駒が連結しているので堅いです。

左美濃

美濃囲いを9筋~5筋で組んだときの形です。

 

 

天守閣美濃

左高美濃囲いの戦形から、玉を上がった形。

玉頭を攻められると弱いです。

 

その他

 

金無双

相振り飛車戦にて見られる形で、金、金、玉、銀と挟んで駒組します。銀が壁となっているので、縦からの攻めには強いですが、横からの攻めには弱いです。

この形から右矢倉に組み替えることが多いです。

 

囲いの相性

 

囲いの相性は、戦形の相性です。

 

つまり自分と相手が居飛車を使用するか、振り飛車を使用するかによって囲いは変わってきます。

 

<相居飛車戦>

・矢倉

・穴熊

 

<居飛車対振り飛車 戦>

居飛車側

・舟囲い

・穴熊

 

×矢倉

振り飛車側

・美濃囲い

・高美濃囲い

・銀冠

 

※居飛車側は矢倉を使用すると、振り飛車側の高美濃囲いから、玉のコビンを攻められ不利になることが多くおすすめしません。

対振り飛車戦においては矢倉は使用せず、舟囲い、または穴熊を使用するのが定跡です。

スポンサーリンク

<相振り飛車戦>

・金無双

・右矢倉

 

上記が基本的な考え方ですが、そのときの局面によって異なります。

局面にあった囲いの選び方は実戦経験でしか養われませんが、

上記相性を覚えておけば、囲いの選択肢が広がるでしょう。

スポンサーリンク

 - 囲い

Translate »