【おすすめ囲い】居飛車穴熊はなぜ強いのか

スポンサーリンク



 

居飛車穴熊・・・

 

・多少の無理攻めが通る

・終盤の寄せ合いで詰めろがかからない

 

 

穴熊の強みは大きくこの2点です。

 

居飛車穴熊の必勝パターンは囲った後に、大駒(飛車、角)をさばき、終盤の寄せ合いで勝つことです。

 

よく「穴熊の暴力」と言われますが、少しの駒の損得でも囲いの固さで無理やり勝ってしまうことが多々あります。

 

逆に対振り飛車側は少しのミスが敗因につながります・・・

 

プロ間でも居飛車穴熊対振り飛車においては、仕掛けの権利があることより居飛車穴熊有利と言われています。

(飛車先が伸びているので攻撃を仕掛けやすい)

 

そこで穴熊の強みを紹介します。

 

 

穴熊はなぜ強いのか(進行例)

 

先手 居飛車穴熊

後手 振り飛車

の対局の場合

 

 

 

 

図 3六歩まで

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4四歩    ▲4八銀    △4二飛
▲2五歩    △3三角    ▲5八金右  △3二銀    ▲6八玉    △4三銀
▲7八玉    △6二玉    ▲5六歩    △7二玉    ▲5七銀    △8二玉
▲7七角    △7二銀    ▲8八玉    △5二金左  ▲9八香    △4五歩
▲6六歩    △9四歩    ▲9九玉    △9五歩    ▲8八銀    △6四歩
▲6七金    △6三金    ▲7九金    △1四歩    ▲1六歩    △7四歩
▲5九角    △7三桂    ▲3六歩
振り飛車側は6五歩突きからの角交換または
9六歩と突いて端攻めを狙いながら、あわせて6五歩で角道を通す戦い方が考えられます。
対して居飛車側は、飛車先を伸ばしている2筋を起点に、歩の突き捨てから角、飛車をさばいていきます。
 図2四飛まで

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4四歩    ▲4八銀    △4二飛
▲2五歩    △3三角    ▲5八金右  △3二銀    ▲6八玉    △4三銀
▲7八玉    △6二玉    ▲5六歩    △7二玉    ▲5七銀    △8二玉
▲7七角    △7二銀    ▲8八玉    △5二金左  ▲9八香    △4五歩
▲6六歩    △9四歩    ▲9九玉    △9五歩    ▲8八銀    △6四歩
▲6七金    △6三金    ▲7九金    △1四歩    ▲1六歩    △7四歩
▲5九角    △7三桂    ▲3六歩    △8四歩    ▲2四歩    △同 歩
▲1五歩    △同 歩    ▲同 香    △同 香    ▲同 角    △2二飛
▲3五歩    △同 歩    ▲4六歩    △同 歩    ▲同 銀    △6五歩
△同 角    ▲2三歩    △同 飛    ▲2四飛
 この局面では穴熊側は飛車をぶつけて、飛車交換を狙います。
 図 6六歩まで

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲2五歩 △3三角 ▲5八金右 △3二銀 ▲6八玉 △4三銀
▲7八玉 △6二玉 ▲5六歩 △7二玉 ▲5七銀 △8二玉
▲7七角 △7二銀 ▲8八玉 △5二金左 ▲9八香 △4五歩
▲6六歩 △9四歩 ▲9九玉 △9五歩 ▲8八銀 △6四歩
▲6七金 △6三金 ▲7九金 △1四歩 ▲1六歩 △7四歩
▲5九角 △7三桂 ▲3六歩 △8四歩 ▲2四歩 △同 歩
▲1五歩 △同 歩 ▲同 香 △同 香 ▲同 角 △2二飛
▲3五歩 △同 歩 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 銀 △6五歩

△同 角 ▲2三歩 △同 飛 ▲2四飛 △同 飛 ▲同 角
△6六歩

 

本来振り飛車飛車側はこうなる前に攻めないといけませんが・・・
振り飛車は面白くないので6七歩、7五桂馬から端攻めと反撃を試みます。

 

 

図 4一飛まで

 

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲2五歩 △3三角 ▲5八金右 △3二銀 ▲6八玉 △4三銀
▲7八玉 △6二玉 ▲5六歩 △7二玉 ▲5七銀 △8二玉
▲7七角 △7二銀 ▲8八玉 △5二金左 ▲9八香 △4五歩
▲6六歩 △9四歩 ▲9九玉 △9五歩 ▲8八銀 △6四歩
▲6七金 △6三金 ▲7九金 △1四歩 ▲1六歩 △7四歩
▲5九角 △7三桂 ▲3六歩 △8四歩 ▲2四歩 △同 歩
▲1五歩 △同 歩 ▲同 香 △同 香 ▲同 角 △2二飛
▲3五歩 △同 歩 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 銀 △6五歩
△同 角 ▲2三歩 △同 飛 ▲2四飛 △同 飛 ▲同 角
△6六歩 ▲7七金 △8五桂 ▲7八金引 △9六歩 ▲同 歩
△9七歩 ▲同 香 △同桂成 ▲同 桂 △9五歩 ▲同 歩
△9六歩 ▲5五銀 △2二角 ▲2三歩 △3一角 ▲4一飛

 

居飛車側は、振り飛車の遅い攻めを見て、反撃を行います

ここで穴熊の囲いの堅さが活きる展開に。

振り飛車側は角成からすぐに囲いが崩されますが、穴熊側は振り飛車の端攻めも歩で受けていけば怖くありません。

 

図 6三金まで

 

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲2五歩 △3三角 ▲5八金右 △3二銀 ▲6八玉 △4三銀
▲7八玉 △6二玉 ▲5六歩 △7二玉 ▲5七銀 △8二玉
▲7七角 △7二銀 ▲8八玉 △5二金左 ▲9八香 △4五歩
▲6六歩 △9四歩 ▲9九玉 △9五歩 ▲8八銀 △6四歩
▲6七金 △6三金 ▲7九金 △1四歩 ▲1六歩 △7四歩
▲5九角 △7三桂 ▲3六歩 △8四歩 ▲2四歩 △同 歩
▲1五歩 △同 歩 ▲同 香 △同 香 ▲同 角 △2二飛
▲3五歩 △同 歩 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 銀 △6五歩
△同 角 ▲2三歩 △同 飛 ▲2四飛 △同 飛 ▲同 角
△6六歩 ▲7七金 △8五桂 ▲7八金引 △9六歩 ▲同 歩
△9七歩 ▲同 香 △同桂成 ▲同 桂 △9五歩 ▲同 歩
△9六歩 ▲5五銀 △2二角 ▲2三歩 △3一角 ▲4一飛
△9七歩成 ▲同 銀 △9二香打 ▲5一角成 △同 金 ▲同飛成
△6一飛 ▲同 龍 △同 銀 ▲6四歩 △7三金 ▲6五桂
△7二金 ▲7三香 △7一香 ▲6三金

 

終盤戦になれば、いかに相手玉を詰ますか、自玉を安全にするかがポイントです。

穴熊側は詰めろがかからないのを見て、駒を相手陣にどんどん打ち込んでいきます。

 

 

図 7三桂成まで

 

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲2五歩 △3三角 ▲5八金右 △3二銀 ▲6八玉 △4三銀
▲7八玉 △6二玉 ▲5六歩 △7二玉 ▲5七銀 △8二玉
▲7七角 △7二銀 ▲8八玉 △5二金左 ▲9八香 △4五歩
▲6六歩 △9四歩 ▲9九玉 △9五歩 ▲8八銀 △6四歩
▲6七金 △6三金 ▲7九金 △1四歩 ▲1六歩 △7四歩
▲5九角 △7三桂 ▲3六歩 △8四歩 ▲2四歩 △同 歩
▲1五歩 △同 歩 ▲同 香 △同 香 ▲同 角 △2二飛
▲3五歩 △同 歩 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 銀 △6五歩
△同 角 ▲2三歩 △同 飛 ▲2四飛 △同 飛 ▲同 角
△6六歩 ▲7七金 △8五桂 ▲7八金引 △9六歩 ▲同 歩
△9七歩 ▲同 香 △同桂成 ▲同 桂 △9五歩 ▲同 歩
△9六歩 ▲5五銀 △2二角 ▲2三歩 △3一角 ▲4一飛
△9七歩成 ▲同 銀 △9二香打 ▲5一角成 △同 金 ▲同飛成
△6一飛 ▲同 龍 △同 銀 ▲6四歩 △7三金 ▲6五桂
△7二金 ▲7三香 △7一香 ▲6三金 △5二銀引 ▲7二香成
△同 香 ▲同 金 △同 銀 ▲6二金 △7一香 ▲7三香
△同 銀 ▲7一金 △同 玉 ▲7三桂成

 

ここまで局面が進むと駒の損得は関係なく、攻めが続けば勝利は確実です。

 

 図 4一飛まで 投了

 

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4四歩    ▲4八銀    △4二飛
▲2五歩    △3三角    ▲5八金右  △3二銀    ▲6八玉    △4三銀
▲7八玉    △6二玉    ▲5六歩    △7二玉    ▲5七銀    △8二玉
▲7七角    △7二銀    ▲8八玉    △5二金左  ▲9八香    △4五歩
▲6六歩    △9四歩    ▲9九玉    △9五歩    ▲8八銀    △6四歩
▲6七金    △6三金    ▲7九金    △1四歩    ▲1六歩    △7四歩
▲5九角    △7三桂    ▲3六歩    △8四歩    ▲2四歩    △同 歩
▲1五歩    △同 歩    ▲同 香    △同 香    ▲同 角    △2二飛
▲3五歩    △同 歩    ▲4六歩    △同 歩    ▲同 銀    △6五歩
△同 角    ▲2三歩    △同 飛    ▲2四飛    △同 飛    ▲同 角
△6六歩    ▲7七金    △8五桂    ▲7八金引  △9六歩    ▲同 歩
△9七歩    ▲同 香    △同桂成    ▲同 桂    △9五歩    ▲同 歩
△9六歩    ▲5五銀    △2二角    ▲2三歩    △3一角    ▲4一飛
△9七歩成  ▲同 銀    △9二香打  ▲5一角成  △同 金    ▲同飛成
△6一飛    ▲同 龍    △同 銀    ▲6四歩    △7三金    ▲6五桂
△7二金    ▲7三香    △7一香    ▲6三金    △5二銀引  ▲7二香成
△同 香    ▲同 金    △同 銀    ▲6二金    △7一香    ▲7三香
△同 銀    ▲7一金    △同 玉    ▲7三桂成  △8一金    ▲6三歩成
△6一銀    ▲4一飛

 

 

 

この終盤の攻め合いで、玉の堅さを活かして攻めるのが穴熊の戦い方です。

振り飛車側は一手間違えると一気に畳みかけれるので注意が必要です。

 

居飛車穴熊 対 振り飛車 進行例②

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA