【角換わり棒銀・腰掛銀・早繰り銀】角換わり戦法一覧

スポンサーリンク



 


 

【角換わり棒銀・腰掛銀・早繰り銀】角換わり戦法一覧

 

 

角換わり戦法とは?

 

「角換わり戦法」

読んで字のごとく、角を交換してお互い攻め合う戦法です!

角をお互い持ち合うので角を打たれるスペースができないよう、駒組に気を使います。

角換わり戦法には大きく分けて3つの戦法があります。

 

角換わり棒銀

<進行例>

▲7六歩    △8四歩    ▲2六歩    △3四歩    ▲7八金    △8五歩
▲2二角成  △同 銀    ▲8八銀    △3二金    ▲7七銀    △3三銀
▲2五歩    △7二銀    ▲3八銀    △8三銀    ▲2七銀    △8四銀
▲2六銀    △9五銀

角をお互い持ち合って進行が進みます。

ここで端歩をついてあれば端攻めが可能ですし、

参考:https://kachishogi.com/bougin-191

歩の突き出しから銀をさばくことが可能です。

 

下記記事で角換わり棒銀について進行例を記載しています。

 

角換わり棒銀の攻め方、進行例

 

スポンサーリンク

腰掛け銀

 

腰掛け銀はプロ間で研究され定跡化されている戦法です。

よくプロ同士の対局で採用されます。

歩の突き出し、銀、桂馬を駆使し、隙間に角を打ち込みながら戦いますが、

一歩間違えれば、角打ちの筋から劣勢になります。

ですのである程度定跡の勉強が必要で、正直初心者の方にはおすすめしません。

 

 

早繰り銀

 

銀を4筋に繰り出し、歩の突き捨てから銀を繰り出します。

<進行例>
▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △8四歩    ▲7八金    △3二金
▲2二角成  △同 銀    ▲8八銀    △3三銀    ▲7七銀    △8五歩
▲2五歩    △6二銀    ▲3八銀    △4二玉    ▲3六歩    △5二金
▲3七銀    △6四歩    ▲4六銀

角換わりをよく採用するプロ棋士

丸山忠久 九段

 

角換わりといえばこのお方。丸山先生です。

実力もさることながら、「激辛流」(優勢でも相手の反撃のスキをなくす指し方で、友達に指すと友達をなくすと言われている)で

知られ、強豪棋士のおひとりです。

角換わりや横歩戦法で高い勝率を誇ります。

ちなみにいつも髪の毛がピンと跳ねて特徴的です。

そして対局中に頭に冷えピタをはっちゃうお茶目な、お方で筋トレが趣味です。

羽生世代のお一人です。本当にこの世代のお方は現役バリバリで強い方ばかりです。

 

 

まとめ

角換わり戦法は常に自陣の駒組に気を使うので(スペースを許せば相手に角打ちされるため)、初心者の方にはあまりおすすめしません。居飛車の基本戦法のひとつではありますが、ある程度定跡化されているので、定跡を知らない内は勝ちづらい戦法でしょう。

 

角換わり戦法まとめ

角換わり棒銀・・・角交換後に、棒銀を仕掛けていく戦法

腰掛銀・・・5六、5四の地点に銀が腰掛、桂馬、角、飛車を使って攻撃を仕掛ける戦法

早繰り銀・・・銀を4筋に繰り出し、歩の突き捨てから銀を繰りだす戦法

 

 

(関連記事)

ゴキゲン中飛車の攻め方と対策


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA