【中学生将棋棋士】藤井聡太四段が羽生三冠に勝利!

スポンサーリンク



 


 

想像を超えるからこそ天才だ。将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人の先輩プロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの対局企画「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」の最終局で羽生善治三冠(46)と対戦し、111手で勝利した。解説に佐藤天彦名人(29)も駆けつけた注目の一局は序盤から激しい展開になったが、慌てる様子もなく落ち着いて指し続けた藤井四段が徐々に優勢に。ミスなく指し切った完勝譜で、将棋界全体の度肝を抜く勝利を挙げた。

出典引用 Abema TIMES 2017年4月23日号より
https://abematimes.com/
中学生プロ棋士14歳の藤井聡太 四段が

羽生善治三冠に非公式戦で勝利しました。

『藤井聡太四段

日本将棋連盟データベース』

https://www.shogi.or.jp/player/pro/307.html

まだ14歳の中学生です。

中学生ですよ!?恐るべし・・・

中学生でプロ入りしたのは、神武以来の天才こと加藤一二三(バラエティに引っ張りだこのひふみんこと)、前将棋連盟会長 谷川浩司、羽生善治三冠、渡辺明竜王に続いて5人目です。

 

プロ入りの14歳2ヶ月の記録は、
加藤一二三九段の14歳7ヶ月を追い抜きました。
まさに神童です・・・

 

藤井四段がテレビで特集されていましたが、研究熱心に将棋を指されていました。

 

序盤、中堅だけではなく、詰将棋も得意といわれ終盤力も折り紙つきです。

プロ棋士、詰将棋作家なども参加する詰将棋解答選手権では2017年までなんと3連覇。

 

ちなみに詰将棋、終盤が強くて有名な行方八段、広瀬八段なども参加していました。

つまりこのお二人方を抑えて優勝したということです。

 

今回Abematvの企画でプロ棋士 羽生三冠を含む7人と対戦し何と6勝1敗の戦績。

 

プロデビュー当初はデビューの「早さ」に注目されていましたが、今回の勝利で「強さ」も認識されました。

 

特筆すべきは勝利した棋士がタイトル経験者を含む強豪揃いという点。
第1戦:VS 増田康宏四段 勝利 角交換腰掛銀
第2戦:VS 永瀬拓矢六段 負け ゴキゲン中飛車
第3戦:VS 斎藤慎太郎六段 勝利 中飛車
第4戦:VS 中村太地六段 勝利 角交換腰掛銀
第5戦:VS 深浦康市九段 勝利 相矢倉
第6戦:VS 佐藤康光九段 勝利 角交換
第7戦:VS 羽生善治三冠 勝利 角交換

 

どうでしょう。

 

脂の乗った若手棋士からタイトル獲得経験者までそうそうたる面々です。

非公式戦とはいえ、この面子に勝つのは文句なしに凄い。

これは羽生善治三冠が当時五段時代にNHK杯で大山、加藤、谷川、中原らタイトル経験者を破って優勝したような、藤井旋風が巻き起こるのではないか!?(敬称略)

と密かに期待しています...

 

【2017年5月11日更新】

 

アマ強豪の棋士 横山大樹さんに勝利し、なんと記録を16連勝に伸ばしました。(非公式戦では一敗)

 

次戦(明日12日(金))は西川和宏六段(31)が相手です。

西川六段はNHK杯ベスト4進出経験もある振り飛車党の棋士。

 

もし勝利すれば連勝記録が17連勝となります。

 

結果はいかに!?

 

【2017年5月12日更新】

 

藤井四段が西川六段に84手で勝利し連勝記録を17連勝に伸ばしました!

 

全体の連勝記録では12位タイ、次戦に勝てば7位となります。

 

恐るべしです。

 

次局は18日に竹内雄悟四段(29)と対戦です。(加古川青流戦)

 

これに勝利すれば連勝記録が18連勝となります。

 

どこまで快進撃が続くか楽しみです。

 

【2017年5月18日更新】

第7期加古川青流戦で竹内雄悟四段に勝利し連勝記録が18連勝となりました!

 

歴代の最多連勝記録は神谷 広志八段の28連勝ですが、18連勝の記録は歴代7位タイの記録です。

 

次戦は近藤誠也五段が相手で、しかも竜王戦の予選です。

 

連勝記録伸ばして、竜王戦も駒を進めたらバイヤーです。本当。

 

 

対戦相手の近藤誠也五段記事はこちら

 

19連勝!竜王戦決勝進出! 記事

 

 


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA