将棋初心者の方に!おすすめの将棋アプリ・書籍・勉強法の紹介

うざい早石田の対策法BEST【受けきれば勝ち】

2021/04/14
 

どうも。ひろゆきです。

早石田ってうざいですよね~。

対策を知らずに対局すると、あれ?あれ?あれあれあれ?って感じで序盤で一気に優位を持ってかれてしまいます。

そして、その相手の優位をひっくり返すことができず、脳に汗かきながら辛い局面を耐え続ける辛い一局に・・・

わかります。

でも、早石田は奇襲戦法なので、対策さえわかってしまえば実は余裕で受けれたりします。

やってくることがわかってしまえば奇襲にもなりませんからね。

この記事は、早石田に苦しめられている人にその対策法を伝授します。基本後手番での解説です。

この記事を読むメリット

早石田の奇襲の受け方がわかります。つまり勝率が上がります

それでは参りましょう。

早石田の攻め方

敵を知り己を知れば百戦危うからず。まずは敵(早石田)の攻め方と狙いを見ていきましょう。

(説明しやすいように先手後手逆で解説しています。)

3四歩▲7六歩3五歩▲2六歩3二飛▲2五歩6二玉3八銀

敵方は、3筋の突破を狙ってきます。三間飛車ですね。この最初の二手で突っ走ってくるこの△3五歩が目障り。

こちらは棒銀の構えで、▲2七に銀を持って行って、焦点の3六の地点を守ろうと動きます。

しかし、その前に敵の3六急襲!

△3六歩▲同歩△8八角▲同銀△5五角

天王山に角を打ち込むことによって、銀と飛車両取りをやられてしまいます。

この場合は下手は3七に銀を動かせば飛車の横利きが通るので攻撃を防げます。
このあと、

△3六飛▲同銀△2八角成▲6五角打

と、4三と8三の地点を角でにらむことで一局の将棋になってきます。

仮にこちらが先手で、

▲6八玉

としてしまっていると、飛銀両取りを防ぐことができなくなります。

この場合は、

▲7七角△2八角成(飛車取り)▲1一角成

と、こちらの角も敵陣に突入して馬になりますが、香と飛車の交換なので先手大いに不満です。

逆に攻め気を忘れずに▲7七角の代わりに▲6五角と筋違い角を打ったらどうでしょうか。

こうすることによって、4三の地点と、8三の地点に睨みを利かせられます。

が、

△3二銀▲8三角成△2八角成(飛車取り)

8三の地点に馬ができたとはいえ、飛車もとられてしまいやはり先手不満です。

早石田戦法への対策2種

さて、それでは早石田の対策を見ていきましょう。

まず一つは単純明快

▲5六歩

3四歩▲7六歩3五歩▲2六歩3二飛▲2五歩6二玉3八銀▲5六歩

こうすることによって、5五の地点に角を置くことができなくなり、早石田は動きを止めます。

このあと、

△8八角成▲同銀△5七角打

と攻められることもありますが、

ここは落ち着いて▲4八角打で防げます。

一応、これで早石田は止められます。

ポイントは3九の銀を3八や3七の地点に上げる前に、5六に歩を進めること。

この状態で評価値は後手つまりこちら側が194点で、若干優勢のようです。

とりあえず早石田を受けきり、ここから一局の将棋という感じですね。

▲6八玉

この記事の冒頭であっさり両取りされてしまった6八玉、これを上手く使う方法もあります。

それは、こちらから先に角交換する場合!

3四歩▲7六歩3五歩▲2六歩3二飛▲2二角成△同銀▲6八玉6二玉▲6五角打

あれ?でもなんで6八玉にしたのでしょう?

さっさと、▲4三角か▲8三角に攻めた方がいいのでは?

それは・・・

△3四角があるからです。

6八玉▲6五角打△3四角打

▲8三角成△6七角成

どちらも馬に成れたとはいえ、中心に近い△6七の馬の方がいやですよね。

これを防ぐのが、▲6八玉。

3四歩▲7六歩3五歩▲2六歩3二飛▲2二角成△同銀▲6八玉6二玉▲6五角打

△4二金▲8三角成△3六歩▲同歩△5五角打

きました。この飛香両取りの場面。

うーん、飛車取られたくない・・・

でも、ここでは飛車ではなく、香を守ります。

▲7三桂(これができるのも6八玉があるから)△2八角成▲同銀△3六飛▲3七銀

見てください。見事に飛車の動きを封じ込みつつ、さらには取った飛車を打ち込むスペースもありません。

こちらは角を手持ちにし、もう一つの角は馬になって敵陣にいます。

こうして、早石田を防ぎつつ優勢を得ることができました。

後は、無茶をせずこの優勢を確保しながら進めていけばいいでしょう。

ちなみに上の局面の時点で後手(こちら側)が187点の評価値で優勢です。

ポイントは、6八玉で守ることと、6五角打で攻めの拠点を作ることです。

まとめ

早石田は3筋を急襲し、5五の天王山に角を打ち込むことによって、飛車と銀(or香)の両取りを狙う戦法。

対策方法は二つ。

5六歩で、天王山に打つ角を止める。

先に角交換して6八玉と6五角の合わせ技で確固たる優勢を手に入れること。

評価値的にはどちらも大した優勢ではないですが、6八玉と6五角の合わせ技は馬に成れていて、相手の飛車を打つスペースがないので、戦いやすい形になっていると思います。

それではまた。

Author:ヒロユキ


関連記事

Copyright© 勝ち将棋ブログ , 2021 All Rights Reserved.