【攻め方・対策】角交換四間飛車の流れ(さわり)

スポンサーリンク



 

角交換四間飛車の紹介。

 

 

振り飛車の定跡は角道をとめることですが、序盤から角交換もいとわない戦法です。

 

藤井九段が実戦で使用できる戦法まで定跡を整備され、升田幸三賞を受賞されています。

 

角交換四間飛車のメリットは

 

・振り飛車で積極的に戦える戦法

 

・美濃囲いを使用するので、対矢倉戦の場合は囲いの固さで有利

 

この2点です。

 

駒をさばくという基本的な考え方は振り飛車と変わらず、

 

四間飛車、向かい飛車に振り、角交換した角、自陣の銀を用いて敵陣を突破する戦法です。

 

局面によっては飛車をさばけることが多いので、相手が矢倉囲いでしたら局面を有利に進めることができます。

 

角交換四間飛車の駒組

 

 

 

 

 

通常の振り飛車でしたら角道を止めますが、角交換四間飛車は角道を開けて、四間飛車に振り角交換を行います。

 

角交換四間飛車の攻め方

 

駒組み、角交換を行い・・・

まずは銀上がりで飛車先交換を防ぎます。

このあとの進行で向かい飛車に振ることが多いのですが、玉を上がらずに飛車を振ると・・・・

角を打たれますので注意が必要です。

ですのでここで先に玉、囲いを駒組した後に向かい飛車に振っていきます。

角交換四間飛車側は、自陣の銀と手持ちの角を使って攻めていきます。

オーソドックスな攻め方は逆棒銀です。

 

 

相手の陣形が整っていなければ、飛車交換を狙う手もあります。

角交換四間飛の対策

 

銀には銀

角交換四飛車は、銀、桂馬、角を活用して攻めてくるため、銀で受けられるようにしておくことが大切です。

銀を上がっておかないと受けられずに、逆棒銀、飛車交換を狙われます。

 

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA