知ってるつもり!?将棋にまつわる7つの言葉

スポンサーリンク



 

身近な私生活で使われる将棋にまつわる言葉を少し紹介します。

 

無意識の内に使用している言葉ばかりです。

将棋にまつわる言葉

 

成金

 

元々は貧乏なのに、急にお金持ちになった人のことを言います。

 

この言葉を使われる人は天狗になっている人が多いいような。

 

駒が敵陣に成り込み、金と同じ価値になることから由来しています。(歩→と金(成金))

<使用例>

 

「あの成金野郎!」

「札束で顔叩いてきやがった、あの成金男。」

 

詰めが甘い

 

読んで字の如く、終盤で相手玉の詰みを失敗することから由来している。

最後の最後で好機を逃したり、負けたりすることを指す。

<使用例>

 

某ハンバーガーショップのドライブスルーで、チキンナゲットにソースが入っていなかったときの嫁の言葉。

「あの店員詰めが甘い」

 

将棋倒し

 

あまり良い言葉ではありませんが、その名の通り、将棋駒が連なって倒れる様に人混みが倒れる様子を表す。

よくニュースで使用される言葉です。

 

王手

相手を追い詰めている状態。(将棋と同様の意味)

<使用例>

 

公私ともに王手をかけられたサラリーマンは、夜の街に繰り出す。

そして小遣いが詰む。

 

捨て駒

駒を捨てる方法(作戦)を言います。

 

洋物の映画やドラマでナイフを舐めてしまうような冷酷・残虐な悪役がよく言う言葉。

 

 

<使用例>

 

「ジャック?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいつはただの捨て駒さ」

 

高飛車

 

飛車を高い位置にかまえ敵陣を制圧する戦法。

「高飛車な態度」なんてよく言われます。

<使用例>

 

「お局(つぼね)のエリカ様は新入女子社員のカオリちゃんに高飛車な態度をとった。」

 

必死

 

あと一手で必ず詰む状態必死。

必死で頑張るもこの言葉が由来です。

将棋と一緒で、必死なので相手を詰まさないと負けることを指します。

 

<使用例>

 

「カオリちゃんはエリカ様に負けじと必死で仕事を頑張った。」

まとめ

普段何気なく使用している言葉ばかりではないでしょうか。

でも必死以外、良い意味の言葉ではないような気が・・・

私事ですが、今仕事が忙しすぎて頭の中が

 

 

こんな感じになっており、俗に言うなかなか「詰ん」でいる状態です。

でわ。

写真出典:フリー写真素材ぱくたそ 

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA