覚えて損はない歩の手筋

スポンサーリンク



 

歩のない将棋は負け将棋

なんて言いますがどうなんでしょうか。

私もルールを覚えたての初心者だった頃は

「ひとまず飛車と角で攻めりゃあいいんでしょ!?」

「歩なんて特攻隊長でしょ?(ある意味正解)」

なんてテキトーに考えていましたが、やっぱり歩大事だよね!

なんて思うわけです。

歩の手筋といいますが、これを覚えれば勝率もどっと上がり初心者脱出です。

いくつかの歩の手筋を紹介します。

歩の手筋

 

垂れ歩

 

と金作りを狙うために敵陣の前に歩を垂らす手筋。

これを使いこなせれば、勝率もぐっとアップします。

 

相手が一番嫌な攻めは、と金攻めです。(と金をとっても歩の為)

垂れ歩を駆使して戦いましょう。

 

たたきの歩

 

 

駒に歩を打ちつけて相手の陣形を乱す手筋。

 

図の場合、たたきの歩で相手駒、陣形を攻撃し、桂跳ねから攻めがつづきます。

 

継ぎ歩

 

読んで字の如く、歩を継いでいく手筋。

継歩で歩の位置をずらして、攻めの拠点を作ることに成功しました。

 

持ち駒が3歩以上あるときは継ぎ歩、端攻めを考えましょう。

 

焦点の歩

 

 

 

駒の利きが集中しているところに歩を打ちつけて、相手の陣形を乱す手筋。

この手筋も頻繁に出てきます。

 

図の場合、3三の地点に歩を打つことにより、相手の陣形が乱れ飛車成りが成功しました。

 

ダンスの歩

 

 

歩で駒を何回もたたいて移動させ、しまいにはとってしまう手筋。

 

駒が踊るように見えることから、その名の通りダンスの歩。金、銀に使うことが多いです。

 

 

金底の歩

 

「金底の歩、岩より固し」

 

なんて言葉があるぐらい有名な手筋というか格言。上からの香車打ちが弱点です。。

金底の歩を打たれると敵陣が一気に固くなります。

 

まとめ

 

歩にはたくさんの手筋があることをお分かりいただけましょうか。

無意識のうちに自然に使っていた手筋もあると思います。

 

手筋を意識して将棋を指せば、

勝率もアップしますよ!

 

スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA