将棋駒がパワーアップ!駒の成り方を覚えましょう

スポンサーリンク



 


 

将棋駒がパワーアップ!駒の成り方を覚えましょう

 

将棋の駒は敵陣(1~3)に侵入するとパワーアップし、

金の動き(左右、前後、斜め左右)になることができます。

 

これを将棋の 駒が成る といいます。(駒を裏返す)

<駒が成る前>

<敵陣に駒が侵入して、駒が成る!パワーアップ>

 

 

敵陣に駒が侵入したときに駒を成るかどうかは選択できます。

例えば、歩が敵陣に入っても、駒が成ればと金になりますが、

成らなくて歩のままでも良いということです!

 

下記図の場合は、マス目の一~三が敵陣(赤で囲っている部分)

になります。

 

 

これが敵陣に侵入すると・・・・

やったるよ!

 

 

こんな感じで駒を裏返し(選択可)になり、パワーアップ。

駒が成ったわけです。金の動き(左右、前後、斜め左右)になります。(飛車、角は通常の動きに加えて金の動きがプラスされる)金は成らずにそのままの動きです。

成り駒~左から順に~

歩(前に1マス)→と金(左右、前後、斜め左右)

飛車(左右、前後マス)→竜(左右、前後マス+金の動き(左右、前後、斜め左右)

金(左右、前後、斜め左右)→金(そのまま)

角(斜めのマス)→馬(斜めのマス+金の動き(左右、前後、斜め左右)

銀(前、斜め左右、斜め左右)→成銀(金の動き(左右、前後、斜め左右)

 

桂馬(斜め左右)→成桂(金の動き(左右、前後、斜め左右)

香車(前に一直線)→成香(金の動き(左右、前後、斜め左右)

※成らないことも選択できます。

駒の配置、動きは下記記事にも記載しています。

 

スポンサーリンク

 

将棋の駒の配置と動かし方

駒成りをうまく使って、敵陣を攻略することが勝利の秘訣です。 また自陣に攻め込まれると敵陣の駒に成られて、こちらが不利になるので気をつけないといけません。 駒成は初心者の方が覚えておきたいルールの一つです。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA