菅井七段が王位戦タイトル奪取。羽生三冠に勝利!

スポンサーリンク



 


 

 

 

菅井七段が王位戦タイトル奪取。羽生三冠に勝利!

 

 

 

第58期王位戦、菅井竜也七段が奪取

羽生善治王位に菅井竜也七段が挑戦する第58期王位戦七番勝負第5局が、8月29、30日(火、水)に徳島県徳島市「渭水苑」で行われ、後手の菅井七段が108手で勝利し4勝1敗で初タイトルを獲得しました。

引用:https://www.shogi.or.jp/news/2017/08/58_12.html

 

 

菅井七段が羽生三冠に4勝1敗と勝ち越し、王位戦の初タイトルを獲得しました。

羽生三冠が2012年に王位を獲得して以来、5年(5期)ぶりの新王位となりました。

 

2012年 羽生善治 対 藤井隆 勝ち:羽生善治

2013年 羽生善治 対 行方尚史 勝ち:羽生善治

2014年 羽生善治 対 木村一基 勝ち:羽生善治

2015年 羽生善治 対 広瀬章人 勝ち:羽生善治

2016年 羽生善治 対 木村一基 勝ち:羽生善治

2017年 羽生善治 対 菅井竜也 勝ち:菅井竜也

 

実際の対局は?

 

 

羽生善治 三冠 vs. 菅井竜也 七段 第58期王位戦七番勝負 第5局 棋譜

(無料棋譜データベース 将棋DB2)

将棋は菅井八段の角交換振り飛車対 羽生三冠の居飛車で進行。

驚いたのが序盤10手目の菅井八段の3三金からの3二飛車。

初めて見ましたΣ(・□・;)

一見、三間飛車ですが、飛車の前に金がいますからね・・・

重く感じますが、この手をタイトル獲得がかかった第5局で指してくるあたり研究手でしょうか。

56手目の3二歩もすんげーです。感覚がコンピューターっぽいなーとも思いながら。

85手目以降から菅井八段の攻めが筋に入って寄せきりました。

 

世代交代を感じさせますが、まだ羽生二冠持ってらっしゃいますからね・・・(王座・棋聖)

といっても、2017年現在将棋七大タイトルの半分は若手強豪棋士が在位しています。

スポンサーリンク

 

 

渡辺明 竜王

佐藤天彦 名人

羽生善治 二冠(王座・棋聖)

菅井竜也 王位 新

久保利明 王将

引用:日本将棋連盟 HPより https://www.shogi.or.jp/player/

 

今思えば、井上慶太九段門下は若手強豪棋士揃いで、絶好調ですね( ^ω^)・・・

菅井七段・・・今回 王位獲得

稲葉八段・・・名人戦タイトル挑戦権獲得(奪取はならず)、銀河戦優勝

船江六段・・・加古川青流戦、上州YAMADAチャレンジ杯 優勝

 

でもでも

 

40代を過ぎてなお、タイトルを2つ保持して、20代の若手とタイトル戦を戦っている羽生先生が一番凄い!!

 

ということが一番言いたいのです、実は。

 

<七大タイトルをまとめた記事>

【将棋棋士の年収】プロ将棋棋士になるにはどうしたらいいの?

 

<羽生マジックをまとめた記事>

 

 

【棋士紹介】羽生善治3冠 やばいと思う羽生マジック3選まとめ

 

 

 


スポンサーリンク




<おすすめ関連記事>


2 Responses to “菅井七段が王位戦タイトル奪取。羽生三冠に勝利!”

コメントを残す

CAPTCHA