2017年将棋主要ニュース個人的まとめ

スポンサーリンク



 


2017年将棋主要ニュース個人的まとめ

 

2017年将棋界のニューストピックスを簡単にまとめてみました。

完全な所見ですので悪しからず・・・( *´艸`)

 

 

4月~6月 藤井聡太四段 29連勝達成 将棋ブーム到来

 

当時中学生プロ棋士の藤井聡太四段が29連勝記録を達成!

神谷八段が保持する28連勝の記録を塗り替え、各メディアで取り上げられました。

お子様の将棋道場入会数も増え、将棋ブームが到来( *´艸`)

藤井四段の戦績も勝率、対局数、勝数、連勝記録で1位と絶好調です。

 

 

藤井聡太四段が最年少15歳で50勝でダブルトリプルフォー達成?史上最年少タイトル獲得者は誰?

 

6月 佐藤天彦名人がタイトル初防衛

名人戦七番勝負で佐藤天彦名人が稲葉八段の挑戦を退け初防衛達成!

4勝2敗でタイトル防衛を果たしました( *´艸`)

 

 

佐藤天彦名人とPonanza開発者山本一成さんの対談記事が面白い件

 

6月 加藤一二三九段が引退

将棋会のレジェンド加藤一二三九段が現役を引退されました。

偉大な戦績は下記の通り。(将棋連盟HPより引用)

 

タイトル履歴

名人 1期(第40期-1982年)
十段 3期(第7期-1968年度・19期~20期)
王位 1期(第25期-1984年度)
棋王 2期(第2期-1976年度~3期)
王将 1期(第28期-1978年度)

登場回数合計:24回

名人:4回(第19期-1960年・32期・40~41期)

十段:7回(第7期-1968年度~8期・15~16期・19~20期)

王位:3回(第4期-1963年度・25~26期)

棋王:3回(第2期-1976年度~4期)

王将:5回(第11期-1961年度・16~17期・28~29期)

棋聖:2回(第34期-1979年度前期・39期)

獲得合計:8期

引用:日本将棋連盟HPよりhttps://www.shogi.or.jp/

引退された後も、イベント、テレビ出演などで益々活躍されています( *´艸`)

 

【棋士紹介】加藤一二三九段と棒銀

8月 菅井七段が羽生王位に勝利。初タイトル獲得!

第58期王位戦で菅井七段が羽生王位に勝利。

3勝1敗でタイトルを奪取しました。

平成生まれの棋士として初めてのタイトル獲得です( *´艸`)

 

 

菅井七段が王位戦タイトル奪取。羽生三冠に勝利!

スポンサーリンク

 

10月 中村太一六段が羽生王座に勝利。初タイトル獲得!

中村六段が羽生王座に勝利し初タイトルを獲得されました。

第65期王座戦で3勝1杯の末勝利し、タイトルホルダーに。

8月の菅井七段の王位獲得に続き、中村六段も王座獲得。タイトルホルダーが一気に若返りました(”Д”)

 

 

【棋士紹介】中村太地が羽生善治を破り王座戦タイトル獲得(敬称略)

12月 羽生善治棋聖が竜王を獲得、永世七冠を達成!

羽生棋聖が第30期竜王戦で渡辺竜王を破り竜王位を獲得。

将棋の歴史上初となる永世七冠を達成されました( *´艸`)

一時一冠になられましたが、竜王を獲得しすぐに二冠に( *´艸`)

 

 

将棋羽生棋聖が永世七冠達成!竜王位獲得!

 

まとめ

 

今年の将棋会は藤井四段の活躍による将棋ブーム到来、菅井七段、中村六段のタイトル獲得など、若手棋士の台頭が目立った一年でした。

それでも個人的にはやはり羽生善治竜王の永世七冠達成が一番の大ニュース( *´艸`)

とにかく明るいニュースが多い年だったと思います( *´艸`)


将棋ウォーズのアイテムを無料で手に入れるには!?

<おすすめ関連記事>


コメントを残す

CAPTCHA